MarkeZine(マーケジン)

記事種別

インテージ、慶応・Google・ブレインパッドとともに参院選のネット選挙動向調査を実施

2013/07/12 12:00

 本調査は、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科の曽根泰教教授を委員長とし、インテージが「シングルソースパネル(i-SSP)」によりメディア接触情報と有権者の投票行動を調査・分析する。データ解析はブレインパッドが行い、調査デザインをGoogleのマーケティングリサーチ部門が担当する。

 「シングルソースパネル」は、同一の調査対象者(モニター)から、インターネットやテレビなど複数メディアの接触状況や、アンケート調査による意識データを継続的に収集。これによって、メディア接触が有権者の政党支持や投票行動に、どのような影響を与えているかを継続的に分析することが可能になる。インテージは、今回の調査を通して、政党本部、広告代理店、テレビ局などを対象とした、インターネットを利用した選挙運動に関するリサーチサービスの実現性を検証する。

「シングルソースパネル(i-SSP)」のサンプル数(パネル設計)
「シングルソースパネル(i-SSP)」のサンプル数(パネル設計)

【関連記事】
インテージ「i-SSP」~購買行動へのそれぞれのメディア広告・情報接触の影響度を分析
インテージ、選挙運動に関する新リサーチサービスの研究をスタート
Facebookがネット選挙運動に与える影響は?
自民党、ネット選挙運動解禁へ向けて3つの戦略を発表
有権者はネット選挙に何を期待するのか?【マクロミル調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5