SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

韓国とシンガポールのスマホ普及率、いずれも7割超えに【グーグル調査】

 Googleは、Ipsos MediaCTと2011年から実施しているスマートフォンの利用に関する大規模調査「Our Mobile Planet 」の2013年版データを公開した。

スマートフォン普及率

 2 年前にはわずか6%だった日本のスマートフォン普及率は、2013年には25%にまで拡大。ただし、今回の調査対象国でもっともスマートフォン普及率が高い韓国(73%)やそれに次ぐシンガポール(72%)と比べると、依然として日本では従来型の携帯電話が主流となっている。

テレビを視聴しながらのスマートフォンの利用

 だが、日本人のスマートフォン利用は非常に活発で、特にテレビ視聴時の同時利用率は 58%と他のスマートフォン普及先進国である米国(53%)、シンガポール(42%)、韓国(47%)よりも高い結果に。従来型の携帯電話でよく見られた「テレビを視聴しながら」の利用が多いことがうかがえる。

ショッピング中のスマートフォン利用

 また、日本ではショッピング中のスマートフォン利用も活発で、3人に1人(32%)がショッピング中の商品について品定めするときにスマートフォンを使ったことがあると回答。これは他の国が2割台にとどまる中、高い傾向にある。

スマートフォン上のアプリ数

 そして、日本は世界でもっとも有料アプリのインストール数が多い国であった。1人あたり平均11.5個と、今回の調査対象国のなかで唯一2桁に到達。日本に次いで有料アプリインストール数が多かったのは香港(9.8個)、その次がオーストラリア(7.5個)と上位をアジア太平洋地域の国が占める結果になった。

【関連記事】
スマホ保有率は46.1%~スマホでのSNS利用経験率は7割超えに
AMoAd、ウェブとアプリを横断したスマホ向けリターゲティング広告
スマホ広告への出稿率、フィーチャーフォン広告を初めて上回る
FacebookにAmeba、LINE等、PCとスマホでどのようにサービスを使い分けているのか?
女性20代・30代で携帯ネット接続時間大幅に伸長、東京のスマホ保有率は45.0%へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング