SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテグレートとデジタルインテリジェンスが業務提携~記事コンテンツ閲覧によるオーディエンスデータDMP活用サービス共同開発へ

 インテグレートとデジタルインテリジェンスは、ネット上の記事コンテンツの閲覧を含むユーザーの行動情報によってセグメントされたオーディエンスデータの活用を可能にするDMPのソリューションサービスの共同開発に向け、業務提携を行う。

 近年、ビッグデータの活用が盛んになり、多様で大量のデータを蓄積・統合し、リアルタイムに分析してひとりひとりの消費者に最適なタイミングでコミュニケーションを図ることが実現しつつある。企業のマーケティング活動においても、オーディエンスデータを一元化し、戦略設計や実施にフィードバックしていくことが必要とされている。

 そして、具体的に需要が顕在化している顧客だけでなく、潜在顧客に対して効果的にアプローチするためには、オウンドメディア、ペイドメディアのみならず、アーンドメディアも含むトリプルメディアすべてのオーディエンスデータを取得し、統合していくことが重要となる。

 このような背景のもと、Web上に存在する記事コンテンツのユーザー閲覧データを含むオーディエンスデータをDMPにて一元化し、解析することで、今までアプローチできていなかった潜在顧客層の発見や、より精度の高いターゲティングを可能とするため、本取り組みに至った。

 得られたオーディエンスデータを活用し、将来的には企業のもつプライベートDMPとの連携や、より具体的にターゲット像を可視化することで、新たなコンテンツの作成や企業のマーケティング戦略の設計への活用を目指す。

【関連記事】
デジタルインテリジェンス、トレーディングサービス専門会社「プログラマティカ」設立
デジタルインテリジェンス等3社、ブランド効果測定プログラムリアルタイムサーベイ「BERTS」提供開始
マーケティング投資のデジタル比率は平均27%、今後も右肩上がりの予測
オールアバウト、フリークアウトと「All About」オーディエンスデーター活用広告商品共同開発
アイスタイル、「@cosme」のオーディエンスデータを外部広告配信へ活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/13 11:39 https://markezine.jp/article/detail/18467

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング