SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2014年世界の広告費、ワールドカップ/冬季オリンピック等の効果で4.5%増予測

 電通グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(以下、カラ)2013年と2014年の世界の広告費の成長率予測(改訂版)を発表した。カラは世界82か国のネットワークを通して情報を入手し、選別した57地域の広告費の成長率を独自に分析・推計。広告費には、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、映画館広告(シネアド)、屋外/交通広告、デジタルを含む。

 2013年の世界の広告費の成長率は、本年3月の予測3.7%増(対2012年比)から微減し、3.0%増(同)へ。世界経済の回復が想定より緩やかであったことがその主要因である。

 2014年は、ブラジルでのワールドカップ、ロシア/ソチでの冬季オリンピック、米国での中間選挙等の大イベントが寄与し、4.5%増と予測。特に成長率が顕著なのは、ラテンアメリカ(対2013年比14.5%増)。中央および東ヨーロッパ(同7.4%増)、アジアパシフィック(同5.2%増)地域も、順調に成長と予測。

 2012年、13年とマイナス成長が続く西ヨーロッパ(英国を除く)でも、2014年は回復傾向(同1.4%増)へ。北米は引き続き安定した成長(同3.0%増)が見込まれる。

【関連記事】
FC2が新サービス「FC2まとめ」をリリース、アクセス数に応じて広告費を還元
オンライン・ディスプレイ広告、26.3%増の驚異的な伸び
世界のモバイル広告費は89億ドル、検索とディスプレイがともに80%以上の高成長率
ニールセン、世界の広告費動向を発表~2012年の広告費は全世界で3.2%増加
RTBが米国オンライン広告を牽引、RTB経由のディスプレイ広告費は73%成長

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/13 12:00 https://markezine.jp/article/detail/18471

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング