SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Global Search Engine Marketingを考える

Google マット・カッツ登場 検索エンジンポリシーとレスポンシブ・デザインについて[SES Keynoteまとめ]

 『海外SEO SEM』の著者・山岸ロハンさんが、グローバル視点でのサーチ・エンジン・マーケティングについて、その月注目のトピックスを取り上げます。今回は、Googleウェブスパムチームのトップ Matt Cutts氏が特別ゲストに登場した、SESイベントのキーノートレポートをお届けします。

Search Engine Strategie San Francisco 行ってきました その2

 2013年9月11日~13日、サンフランシスコのMarriot Hotelにて、世界最大規模の検索エンジンマーケティングのカンファレンス、SES San Franciscoが開催されました。3日間を通して約50種類のデジタルマーケティングに関するセミナーがあり、非常に活気があるイベントです。

キーノートのモデレーター Jeffrey Hayzlett氏

 今回はそのなかから、Googleウェブスパムチームのトップ Matt Cutts氏が特別ゲストに登場した、キーノートのレポートをお届けします(前回の、検索エンジンマーケティング×トリプルメディアに関するのレポートはこちら)

Keynote- Design your own search engine

 まずは、「どのように検索エンジンを作るのか?」というテーマで議論が始まりました。

 Matt Cutts氏によれば、検索エンジン開発に重要なのは、単なる技術的な課題よりもポリシーであるとのこと。つまり、何を検索結果に表示させ、何をさせないのか、その判断基準が検索エンジンのキモであるというのです。

 たとえば、アダルトや暴力的表現のコンテンツは表示させるべきかが話題になると、ほとんどの聴衆は「規制されるべき」と考えているようでした。すると次に出てくるのは、「どこまでが規制されるべきコンテンツであるか」という課題です。この基準は、国によっても、個人によっても見方が異なります。

 こうしたバランス調整(ポリシー)が、検索エンジンの構築で非常に難しいとのこと。Google成功の秘訣は、検索技術のすごさだけでなく確固たるポリシーがあるからだと述べていました。

一番右が、Googleウェブスパムチームのトップ Matt Cutts氏

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Responsive, dynamic serving mobile

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Global Search Engine Marketingを考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山岸 ロハン(ヤマギシ ロハン)

株式会社インフォキュービック・ジャパン 代表取締役1974年生まれ。留学のためアメリカに渡米しMinnesota State University, Mankatoを卒業。1998年より米国にて検索エンジンマーケティングに従事、SEO、リスティング広告のノウハウを習得。5年をかけて世界中に検索エンジンマーケ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/17 08:00 https://markezine.jp/article/detail/18516

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング