SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

すららネット、東京大学等と共同でオンライン学習教材活用ビッグデータ分析研究プロジェクト開始

 すららネットは、行動経済学者 田中知美氏と東京大学と共同で、オンライン学習教材「すらら」を用いたビッグデータ分析研究プロジェクトを開始した。

 近年、アメリカをはじめとする先進国で、大学の講座を無償で受講できる大規模オンライン講座が台頭しつつあり、先進国ではオンライン学習が大きなブームを迎えている。また、日本の大学にも、アメリカの大規模オンライン講座の組織に参加する動きが出てきている。世界銀行を始めとする国際機関も、途上国における劣悪な学校教育の問題の解決策として、オンライン学習に注目している。

 同プロジェクトは、小中高生向けオンライン学習教材「すらら」のシステムに日々蓄積される膨大な学習履歴情報のログデータから、生徒の学習行動を詳細に分析し、好ましい学習行動や成績向上に導くためのサポートシステムを調査するもの。学習の行動パターンをログデータから分析し、成績が伸びる利用者と、伸び悩む利用者の行動パターンの違いなどを明らかにし、その研究成果をもとに、成績が伸びていない子供達に対して、どのようなサポートシステムを作れば、成績の向上に導くことができるのかを研究する。

【関連記事】
アルク、LINE公式アカウント「LINE毎日英会話」に英会話学習用コンテンツ提供へ
スクー、サイバーエージェントとインターネット学習コンテンツ共同生成へ
クイズでアドテク知識を深めよう、マイクロアドの学習サービス「アドテク・ラーニング」
オンライン学習サービス「スクー」、総額1億5,200万円の第三者割当増資
KDDIとQuipper、中高生向けスマホ学習サービス「GAKUMO」提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/07 14:30 https://markezine.jp/article/detail/18594

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング