SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Financial Times、記事30本まで無料で閲覧可能に

 英経済紙Financial Timesは、10月1日、同紙が運営するサイトFT.comのコンテンツに対して、10月中旬をめどに無料でアクセス可能とすることを発表した。

 無料アクセスの対象となっているのは、FT.comで公開されている記事、解説記事、コラムニストの寄稿記事など。利用者は、1か月に30本までコンテンツに無料でアクセス可能となり、最初の5本にアクセスしたところで簡単な登録が必要となる。それ以上のアクセスを希望する場合は、年額99ポンド(119ユーロ/109ドル)のスタンダードプランか、199ポンド(319ユーロ/299ドル)のプレミアムプランに申し込む。プレミアムプランに申し込むと、より専門的なコラム記事の閲覧や携帯での閲覧が可能になる。

 この新しいアクセスモデルによって、ブログやニュース・アグリゲーターやその他のウェブサイトからFT.comのコンテンツへのリンクがより自由にできるようになった。これらは、ページビューやユニークユーザー数を増やして広告媒体としてのサイトの価値を高めるための施策のひとつであり、すでに米New York Timesも有料コンテンツを9月から無償で公開している。

プレスリリース:"FINANCIAL TIMES DRIVES DIGITAL GROWTH - Launch of New Access Model Opens up FT.com"
参考:「NY Times、有料コンテンツの提供を中止、広告モデルへの方針転換を発表」(MarkeZine)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 19:02 https://markezine.jp/article/detail/1879

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング