SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大丸松坂屋とワールド、オムニチャネルを推進する2つのサービス

 大丸松坂屋百貨店は、多様な端末とサービスを使い分ける顧客に対応するため、店舗とインターネットなどのチャネルをシームレスにつなぎ、情報や商品・サービスを提供する「オムニチャネル」推進を検討してきた。その第一弾として、11月13日からアパレルメーカー、ワールドとのコラボレーションによるサービス「クリック&コレクト」と「エンドレスアイル」を開始する。

 「クリック&コレクト」は、ECサイトで注文した商品を店舗で受け取れるサービス。大丸・松坂屋のホームページからワールドのECサイトの専用ページから、好きな時間に、アンタイトル、インディヴィなど23ブランドの商品を購入できる。商品は、自宅配送か後日指定した店舗で受け取りが可能。対象ブランドであれば、店舗で取り扱いがなくても利用できる。サービス実施店は大丸6店、松坂屋3店。

 「エンドレスアイル」は、売場で品切れの商品をECサイトで在庫確認・購入できるサービス。売場でほしい商品が品切れしていたときに、販売員が売場に設置した端末(iPad)でECサイトの在庫を確認し、在庫があればECサイトで購入でき、自宅配送か後日売場での受け取りが可能。サービス実施店舗は大丸3店、松坂屋1店。対象は7ブランド。

 また、オムニチャネル推進に向けた取り組み第2弾として、ニューリッチ層を対象とした美術品のオムニチャネル販売「入札のウェブとの連動」も行う。店舗からでもインターネットからでも、同じ作品に対して入札が可能で、12月11日から松坂屋上野店の売りつくしセールでスタートする。

【関連記事】
PARCO、スタートトゥデイのO2O「WEAR」を導入
「WEAR」、アパレルショップを対象に事前登録の受付開始
LINE、新たなO2Oマーケティング手法「LINEコラボアカウント」
食品ECに特化した物流サービス「オイシックスフルフィルメントサービス」
まだ見ぬ顧客と出会うソーシャルコマースサイト「People & Store for Business」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/14 13:42 https://markezine.jp/article/detail/18835

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング