SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモスグループ、 ダイレクトマーケティングゼロと見込み客をリピーター客に転換するサービス

 通販・EC・会員サービス事業において収益拡大の鍵を握るのは「F2転換率(本品引上げ率)」の改善。「F2転換率」とは、1回目購入後のトライアル利用者のうち2回目購入に進むリピーターの割合を指す。

 今回提供を開始した顧客引き上げプログラムは、見込み客を効率よくリピーター客に引き上げるためのコミュニケーションプロセスをワンストップで支援するサービス。トランスコスモス・アナリティクスのデータサイエンティストによるビッグデータ分析や顧客の声(VOC)活用のノウハウと、DMA国際エコー賞受賞などの実績を持つダイレクトマーケティングゼロの通販におけるノウハウを組み合わせ、企業の顧客構造・業務実態に合わせた「F2転換プログラム」を作成する。リピーターに関わる調査・分析、各種指標の目標値やアプローチのタイミングの設定を含めたコミュニケーションシナリオを設計し、紙媒体・WEB・コール・メールを組み合わせたフォロープログラムの企画・制作とPDCAサイクル構築をサポートする。

 本プログラムの本格導入に向けて、「RFMさっとみるキャンペーン」と題したトライアルキャンペーンを実施。企業からRFM(Recency, Frequency, Monetary)に関するデータを預かり、「F2転換率」や転換要因の実態把握のために、BI(Business Intelligence)ツールを使った自社開発プログラムによる簡易RFM分析を実施するもので、先着10社まで特別価格33万円で提供する。

【関連記事】
セシール、韓国EC事業参入~トランスコスモスコリアがワンストップ支援へ
2013年テレビ通販番組のトレンドは?
GMOメイクショップ、「MakeShop」の2013年年間総流通額が1000億円突破
通販の箱を広告スペースに!ネットショップ向け広告収入モデル『AD-REVO』リリース
paperboy&co.、ハンドメイド販売サイト「cooboo」事業譲受

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/17 11:30 https://markezine.jp/article/detail/19154

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング