SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「商品を売る」ためのECサイト構築ノウハウ(PR)

メディア化でコンバージョン減でも売上増 これからのECサイトが目指す先とは 「北欧、暮らしの道具店」青木耕平さんインタビュー

自分で自分の首を絞めることになっても、とことん使いやすいスマホサイトを

 スマホからのアクセスが5割を超えるECサイトもめずらしくない昨今。「北欧、暮らしの道具店」のスマホサイトを、「自信を持って見せられるものができた」と青木さんは言う。

 「そう遠くない将来にスマホとPCのアクセス比が『8:2』になるだろうと、2013年は恐れおののいていました。スマホではコンバージョンレートも、購買単価も、買い回りも落ちる可能性がある。スマホの普及は、コンタクトポイントが増えるという意味ではいいのですが、そういった副作用もあるわけですね。

 スマホサイトは自信を持って見せられるものができたのですが……、できてからスマホ率がまた10%も上がったので、自分で自分の首を絞めてるっていうか(笑)。でももう、不可逆な状況なので、とことんまで行き着いてしまおうと。

かなり見やすい 「北欧、暮らしの道具店」のスマホサイト

 スマホを研究していてこわいなと思ったのは、スマホで能動的にブラウザを開く機会が激減していること。そうなると、『北欧、暮らしの道具店』を見るという目的を持ってブラウザを開いてもらわなければならなくなる。それが難しいなら、スマホのホーム画面に入れてもらうしかないなと。

 独自のアプリはまだ用意してないですが、環境に左右されずに自分たちのやりかたを貫くために、アプリを持つというのは重要なことだと思っています。そういう意味でも、APIに対応している『カラーミーショップ』ならいいものが作れるだろうと、心強いですね」

質の高いアクセス増で、低CVRを凌駕する

 メディア化、メーカーとしての商品開発、スマホ対応の先にあるべきECサイトの姿とは。

 「最近は、高PV低CVRでいこうと言っています。スマホからのアクセスでCVRは下がっても、それを凌駕するだけのアクセスがあれば何の問題もない。『北欧、暮らしの道具店』は、年間で1.8倍ずつお客様が増え、CVRは微減傾向にありますが、ビジネスとしても1.6~1.7倍ずつ伸びているんです。

 CVRを高めようというのは、買おうかどうしうようかと、ちょっと気持ちがグラグラしているお客様の背中を押す行為ですよね。CVRを高める施策が、未来の売上につながっていくのかどうか。業種にもよると思いますが、僕らのような娯楽を売っているビジネスでは、楽しみに来ているお客様に後悔するかもしれない買い物をさせることが、本当にいいことなのかと思うのです。

 そういうリスクのある施策よりも、お客様からの支持を増やしていって、低いCVRを凌駕する、質の高いアクセス数を増やしていこうと考えています」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「商品を売る」ためのECサイト構築ノウハウ連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。●外部メディアに登場! ・[動画]ネットショップ運営実践会「ECzine倭田さん×井藤対談」[動画]ECみらい会議vol.2「プラットフォーム乱立時代!EC事業者の選択と集中を考えよう」[登壇]BASE主催「ネットショップフェスタ2014」[登壇]MarkeZine主催「MarkeZine Day 2015 Spring」[執筆]NP通信●ソーシャルメディア ・FacebookGoogle+

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング