MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ロックオン、ロジック搭載「ヒト型ポートフォリオ」提供開始、まるで人が運用しているかのような入札を可能に

2014/01/29 12:30

 ロックオンは、大手代理店での運用経験を積んだリスティング運用のプロフェッショナルが開発チームに参画し、運用者の入札戦略をアルゴリズム化した「ヒト型ポートフォリオ」と呼ぶべき入札機能を開発した。この「ヒト型ポートフォリオ」は、「予算」と「目標効率」を設定するだけで、データが少なめのアカウントでも、まるで人が運用しているように最適な入札を自動で行ってくれる。

 本機能のリリースに伴い、ブランドキャラクターも追加された。
「ヒトでもなく、ツールでもない」というコンセプトを体現している

 この機能は、運用者の入札負担を軽減し、これまで自動入札機能の恩恵を受けることができなかったミドル層以下の広告主にも価値を提供するものとなっている。

【関連記事】
「THREe」で運用型広告の効果をメールで確認、アトリビューション効果によるリスティング広告自動入札も
ブレインパッド、「L2Mixer」で予測モデルの改善・ルール入札機能
データアーティスト、ネットリサーチサービス「キーワードインサイト」開始
米ヤフーも検索を暗号化、キーワードだけでなく流入元も不明に
マリンソフトウェアとBlueKaiが提携~オーディエンスデータと検索広告の融合を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5