SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

共同通信社、動画ニュースリリース制作サービス開始

 共同通信社は、3月3日、グループ会社の共同通信PRワイヤーと提携し、「動画」「活字」「配信先」の三位一体となった動画ニュースリリース制作サービスを開始した。

 ブロードバンドインターネット環境の進化により、動画によるプレスリリース配信は増えつつあり、米国の大手プレスリリース配信会社では配信するプレスリリースの約3割がビデオニュースレターになっている。日本でも今後、動画リリースが増えていくと考えられることから、今回の取り組みに至った。

 動画リリースでは、活字や画像では表現できない情報を映像、音声によるビジュアル効果により、的確に伝達することができる。商品のもつ特性を動きや音によって伝えたり企業、団体の活動を臨場感あふれる映像での表現が可能になる。

【関連記事】
日本テレビ、Huluの日本市場向け事業を承継~今春より定額制動画配信事業へ参入
博報堂とDAC、スマートテレビホーム画面上における動画広告配信サービス開始
キュレーションマガジン「Antenna」、ネイティブ動画広告サービスリリース
アライドアーキテクツ、マルチデバイス視聴とSNS拡散に最適化した動画マーケティング支援
トレンダーズ、バリュープレスと提携~動画プレスリリース配信サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/04 12:00 https://markezine.jp/article/detail/19387

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング