SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マーケティングオートメーションソフトウェア大手の米Marketoが日本法人設立

 マーケティングオートメーションソフトウェアの大手プロバイダであるMarketo Inc.は、3月25日、電通イーマーケティングワンとサンブリッジコーポレーションとの共同出資による合弁会社マルケトを設立した。

 マーケティングオートメーションとは、マーケティングのプロセスを自動化するソリューション。複雑化する企業のマーケティングチャネルを活用しROI重視のマーケティングを推進していくためのツールとして、欧米で高い成長を続けている。日本でもマーケティングオートメーションソリューションに対する関心が急速に高まっていることから、日本市場への進出に至った。

 また、Marketoは同社のクラウドベースのソフトウェアソリューションである「Marketo」の日本語版の提供を開始した。電通イーマーケティングワンおよびオージス総研を通じて提供を開始する。マルケトからの直接販売および販売代理店を順次増やしていく予定。

【関連記事】
マーケティング投資のデジタル比率は平均27%、今後も右肩上がりの予測
アドビ、Neolane社の買収決定~Adobe Marketing Cloudにクロスチャネルキャンペーン管理ソリューション追加へ
オラクル、マーケティング自動化ソリューションのエロクアを8億1000万ドルで買収
OracleがResponsysを買収、B2CとB2Bに対応したマーケティングソリューションを提供
レスポンシス、プッシュ通知のプロバイダー「Push IO」買収

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/25 13:30 https://markezine.jp/article/detail/19522

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング