SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

俳優 ロバート・レッドフォードらが「自己改革とリスク」について語る。「Adobe Digital Marketing Summit 2014」2日目

 今回の基調講演は、「リインベンションとリスク」がメインテーマ。マーケティングの鍵となる3P(ピープル、プロダクト、プロセス)のうち、初日に触れなかった"ピープル"と"プロセス"にフォーカスを当て、各界のパイオニアから自己改革のヒントを得るというものとなった。

 冒頭、ストラテジー&デジタルマーケティング担当バイスプレジデントのジョン・メラー氏が登壇。現状とあるべき3Pの姿の間のギャップを知り、整合させてゆく必要があると説明した。

    (左から)マイク・ルード氏とジョン・メラー氏
(左から)マイク・ルード氏とジョン・メラー氏

 続いてフェデックス社のカスタマーサービスマネージャ、マイク・ルード氏が登場。B2Cカンパニーであるフェデックスは、顧客が求める条件に最適な情報を提供する必要があること、モバイルが非常にクリティカルな問題であることを説明した。また、アドバイスとして「テクノロジーへの投資を決めたら、どの舟に乗るかを分析しすぎない。どこに向かうにしても、良い行き先につくと考えてチャンスがあれば飛び乗るべきだ」を挙げた。

 NFLプレーヤーのリチャード・シャーマン氏はセルフブランディングについて語り、計画性を持ちながらもモーメント(瞬間)を逃さず、メッセージを届ける重要性を語った。続いて世界第2位のカジノホテルチェーンMGMリゾーツ社のジョン・ボーレン氏が登壇。大規模な企業が変化をする際には困難が伴うと説明しつつ、様々なタッチポイントで、ゲストに最適なエクスペリエンスを提供するという構想を語った。

リチャード・シャーマン氏
リチャード・シャーマン氏
MGMリゾーツの描く未来像
MGMリゾーツの描く未来像

 最後に俳優であり映画監督であるロバート・レッドフォード氏が登場。「リスクは前進の糧になる。リスクを避けることがリスク。変化はかならず起きる。変化は新しいものをつくる」と語った。

ロバート・レッドフォード氏
ロバート・レッドフォード氏

 今年のサミットは例年と異なり、1日多い3日間の開催。最終日は「Vertical Industries Day」と銘打ち、小売/eコマース、メディア&エンターテインメント、金融、ハイテク/B2B業界に焦点を当てた講演が行われる予定だ。

【関連記事】
「Adobe Digital Marketing Summit 2014」開催。今年のテーマは「マーケティング再創造」
AdobeとSAPが協業、「Adobe Summit 2014」速報
ハウス食品、グループ各社の主要サイトに「Adobe Marketing Cloud」導入
三菱電機、メディアミックス配信サービス実証実験開始
デジタルインテリジェンス、テレビCMxオンライン動画活用コンサルティングサービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/27 12:30 https://markezine.jp/article/detail/19550

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング