SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTデータ、米Tableauとパートナー契約

 Tableau Softwareは、データを可視化・分析し、情報共有を可能にするBIツールを展開。誰でもデータをすばやく分析できる高速処理ビジネスインテリジェンス(BI)であり、直感的なユーザーインタフェースを備えたTableauは、すでに全世界で1万7000社がダウンロードして活用している。

 NTTデータでは、BI導入時の構想策定から定着化までを支援する「グローバルBIサービス」を提供し、業務活用シナリオを定義した業務別の「BIBooster」を提供している。NTTデータのBI導入実績・ノウハウ・デリバリー力と、Tableauの高速処理BIやユーザーインタフェースの組み合わせによって、ユーザーは最初に定型レポートやダッシュボード、ウィジェット、テンプレートを用意する必要がなくなり、自分自身でデータから課題を見つけ出すことが可能となる。

 今回の契約締結で、NTTデータは社内に「Tableau」チームを立ち上げ、「BIBooster」の業務シナリオのラインナップ拡張に加え、製造、流通等の日系大手グローバル企業やテレコムを中心に初年度5件以上の導入を目指す。

【関連記事】
Tableau、「R」を統合、エンタープライズ機能を強化した「Tableau 8.1」リリース
頓智ドット、株式会社tabへ社名変更~約4億円の資金調達も実施
ALBERTのプライベートDMP、アジャイル型BIツール「Tableau」と連係
CTC、Tableau Software製品を利用したBIソリューション提供
ウイングアーク、DMP向けクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud for DMP」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/28 10:00 https://markezine.jp/article/detail/19556

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング