SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米ウォルト・ディズニー、YouTube動画ネットワークのMaker Studiosを買収

 米ウォルト・ディズニーは3月24日(現地時間)、動画共有サービス「YouTube」上で「MCN」(マルチチャンネルネットワーク)と呼ばれるサービスを提供するMaker Studiosを5億ドルで買収することに合意したと発表した。MCNとは、複数のYouTubeチャンネルと提携し、プログラムの作成、資金面でのサポート、相互プロモーションの企画、日常的なパートナー管理、デジタル著作権管理、収益受け取り/販売、視聴者の獲得などの面でクリエイターを支援する組織のこと。

 MCNは直接YouTubeやGoogleと提携しているわけではないが、その数はYouTube上で増加し続けている。日本でもクリーク・アンド・リバーの「The Online Creators」、アジャイルメディア・ネットワークの「AMN ビデオブロガー MCN」などがある。例えばThe Online Creatorsでは、企画・演出、フリー音源、多言語化などの制作サポートや著作権管理、企業等とのコラボレーションによるクロスプロモーションなどのサポートを提供している。

 「Maker Studios」は、YouTube上で5万5000を超えるチャンネルを持ち、チャンネル登録者数は3800万人、月間再生回数は55億に達している。YouTube最大級のMCNだ。

 米ウォルト・ディズニーはMaker Studiosの株主に総額5億ドルを支払い、強気の業績目標が達成された場合は、最大4億5000万ドルを追加支払いするとしている。

 米ウォルト・ディズニーはこの買収により、Maker Studiosの技術と知識を、自社のコンテンツも含めた短編のオンライン動画に活用するつもりだと表明している。

【関連記事】
「Yahoo!きっず」大幅リニューアル~学習コンテンツを強化、ディズニーとも連携
若者向けの車を作れそうな会社は「アップル」「グーグル」「ディズニー」【2014年新成人のカーライフ意識調査】
ディズニーとニコニコ、映画・海外ドラマ・アニメなどのコンテンツ配信連携スタート
LINE、ディズニーとスマホ分野におけるビジネス連携拡大~ディズニーキャラクターを用いたLINE GAME展開へ
リーチ力1位は「野球」、支出喚起力1位は「東京ディズニーランド・シー」、博報堂らコンテンツ活用支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/03 12:00 https://markezine.jp/article/detail/19603

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング