MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SAP、東京・大阪にアジア地域初のデータセンターを開設

2014/04/07 14:00

 今回SAPが日本に開設したデータセンターは、世界で4か国目、アジア太平洋地域では初のデータセンターとして、クラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」を提供する。このデータセンターは、日本だけでなく、SAPのアジア太平洋地域のクラウドビジネス全体をカバーする拠点となる。

 東京・大阪の国内2か所にデータセンターを開設したことにより、離れた地域のデータセンターと連携することなく、ひとつのエリア内でのディザスターリカバリーが可能。また、データセンターをまたがるトランザクションと、それによるレイテンシの発生、回線コストの上昇なども解消できる。

 「SAP HANA Enterprise Cloud」は、インメモリーコンピューティンプラットフォーム「SAP HANA」に対応した基幹業務システム「SAP Business Suite」や「SAP NetWeaver Business Warehouse」のほか、SAP HANAで強化された新しいアプリケーションを、ペタバイト規模のマネージド・クラウド・サービスとして提供する。

 SAPは今回開設するデータセンターを、SAP HANA Enterprise Cloudのサービス提供拠点としてだけでなく、パートナーエコシステムを拡大するためのデータセンターとしても位置付けている。

【関連記事】
AdobeとSAPが協業、「Adobe Summit 2014」速報
SAPジャパンとブレインパッド、KXEN社買収後のビッグデータアナリティクス分野で協業
SAPとSASが提携、リアルタイムエンタープライズ強化を推進
NTTデータ、豪SAP BIコンサルInnogence社買収で合意
SAPジャパン、ソーシャルデータをリアルタイム分析する「SAP Social Media Analytics by NetBase」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5