SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネスレ日本、社内託児コミュニティスペース「ネスレキッズルーム」開設

 ネスレ日本は、ダイバーシティ推進の一環として、神戸市中央区の本社内に、一時預かり専用の企業内託児ルーム「ネスレキッズルーム」を開設し、4月15日より運営を開始した。一日の託児可能人数は5名、利用時間帯は8:30~18:30。託児としての用途はもちろん、多様な働き方をサポートするコミュニティスペースとしても活用していく。

 加えて、ベビーシッター、家事代行を行うマザーネットの協力を得て、フレキシブルなニーズにも対応できるベビーシッター派遣の仕組みを整え、この度運営を開始。マザーネットが企業のオフィスにベビーシッターを日常的に派遣するのは、同社が初めて。

 「ネスレキッズルーム」は一時預かり専用で、社員は利用したい場合、その都度マザーネットにサービス依頼を行い、マザーネットは依頼に基づいて、託児ルームにベビーシッターを派遣する。預け入れ1名あたり、利用者の負担は1時間324円(税込)。同社はマザーネットに法人会員登録しており、会員料金のうち上記以外を会社側がサポートする。

【関連記事】
Amebaが「ママ事業部」を新設、育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業を展開
ママの約9割「スマホは家事や育児に役立つアイテム」
「Amazon Woman」オープン、ワーキングママからサブカル女子までペルソナ別に商品提案
ママ向けクラウドソーシングサービス「mama&crowd」正式オープン
エキサイト、ママ事業に参入~今春「Woman.exciteママ」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/15 16:30 https://markezine.jp/article/detail/19726

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング