SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、女性が利用しやすい人事制度「macalonパッケージ」、在宅勤務や妊活休暇に対応

 サイバーエージェントは、全社員のうち女性社員比率が32%。女性社員に占めるママ社員比率は14%で、2014年度の産休・育休後の復帰率は96.3%と非常に高い状況にある。現在、女性社員の平均年齢が29.4歳と、今後さらなるママ社員の増加が予想されることから、新たな女性支援制度「macalon(マカロン)パッケージ」を5月から導入する。

 「macalonパッケージ」は、5つの施策を含んでいる。まず「エフ休」は、女性特有の体調不良の際に、月1回取得できる特別休暇(エフはFemaleのF)。「エフ休」という名称にすることで、利用用途がわからないようにし、取得理由の言いづらさ、取得しづらさを排除する。

 「妊活休暇」は、不妊治療中の女性社員が治療のための通院等を目的に、月1回まで取得可能な特別休暇。「妊活コンシェル」は、妊活に興味がある社員や将来の妊娠に不安がある社員が、専門家に月1回30分の個別カウンセリングで相談できる制度。専門医による社内セミナーの開催およびクリニックの紹介も行う。

 また、「キッズ在宅」は、子どもの急な発病や登園禁止期間など、子どもの看護時に在宅勤務できる制度で、契約した労働時間を上限に利用が可能となっている。「キッズデイ休暇」は、子どもの入園・入学式や親子遠足、参観日といった学校行事や記念日に取得できる特別休暇。年に半日休暇2回の取得が可能だ。

 ちなみに「macalon」という名称は、ママ(mama)がサイバーエージェント(CA)で長く(long)働く」という意味を込めている。

【関連記事】
妊活・子育て期の女性の7割が、相談相手とのコミュニケーションに「LINE」を活用
女性向けストア「Amazon Woman」オープン
ママ向けクラウドソーシングサービス「mama&crowd」正式オープン
サイバーエージェント「Ameba mama」、日本財団と「ママ総研」設立
幼い子供を持つ母親ほど熱心なソーシャルメディアユーザーの傾向がある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング