SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤマハ、歌詞だけで自動作曲できる会員制クラウドサービス「ボカロネット」7月スタート

 今回発表した「ボカロネット」の最大の特徴は、歌詞だけで曲が作れる自動作曲サービス「VOCALODUCER(ボカロデューサー)」。これまで法人にのみ提供されていた自動作曲技術を、一般ユーザーも「ボカロネット」公式サイト上で利用できる。サービス開始は7月を予定している。

 テキストボックスに歌詞を入力し、好みの曲調や歌声を選択するだけで伴奏と歌声からなる楽曲ができる「カンタンモード」。さらに、メロディのテイスト、伴奏のジャンル、伴奏のスタイル、テンポ、コード進行など、こだわりの条件を細かく指定して作曲できる「ノーマルモード」の2つのモードで自動作曲が楽しめる。

 また、会員専用のクラウドストレージ「ボカロストレージ」を使えば、ボカロネット対応アプリケーション間での楽曲データのやりとりを手軽に行える。

 会員登録を行うと自動作曲サービス「VOCALODUCER」もクラウドストレージ「ボカロストレージ」(500MB分)も無料で利用可能。月額500円のプレミアム会員では、「ボカロストレージ」の容量が5GBに増量されるだけでなく、「VOCALODUCER」の機能のアップグレード(最大利用回数・歌声の種類・伴奏音源・作曲できる小節数の増加、伴奏MIDIファイルのダウンロードなど)によって、より便利な機能が利用可能になる。

【関連記事】
1か月に音楽にかける金額は?約6割が1,000円未満と回答
フェイス、音楽ソーシャルメディア「OKMusic」と資本・業務提携
カヤック、ソーシャル時代の音楽サービス「オンガクスリ」スマホアプリリリース
音楽配信サービスの利用意向、10代では5割に
音楽アプリの「LINE」を目指す無料音楽アプリ「FAN」サービス開始、チケット購入やシャウト機能も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング