SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

O2Oからオムニチャネルへ

互いの聖域に踏み込むアマゾンとウォルマート、米小売業界オムニチャネル最終決戦

 アマゾンとウォルマート。ネット vs リアルを象徴する米小売業界の巨人の戦いは激しさを増し、いま互いの聖域に足を踏み入れようとしています。今回は両社の最新の取り組みから、この“聖戦”の行方について考えてみたいと思います。

米小売業界の“聖戦”

 オムニチャネルを考えていくと、どんな企業も実店舗の売場と自社ECサイトなどのダイレクトチャネルでどのように顧客を囲い込み、購買までつなげていくかという命題に突き当たります。オンライン、オフラインを問わず消費者との接点をいかに多面的に構築し、顧客動向を分析し、スピーディにサービスを提供できるか。自社のアセットに適合したかたちで競争力のあるプラットフォームを築くことが必須となってきます。

 米国では、オムニチャネル戦略の必然的な流れとして、いずれ必ずお互いの領域を食い合うであろうウォルマートとアマゾンの戦いが注目を集めてきました。売上規模では、2014年1月期で4763億ドルという天文学的数字を誇るウォルマートに対し、アマゾンは 678億ドル(2013年通期)と7倍の開きがあります。ただし、ことECに限れば、ウォルマートはまだ100億ドル。両社の成長率から見れば、2024年ごろにアマゾンが総売上でもウォルマートを抜き去るという予測も出ていました。

 しかし、米小売業界紙"Internet Retailer"の調査によると、直近の1年で比較した場合、アマゾンの売上高成長率20%に対し、ウォルマートのEC売上は30%を記録しており、オンライン部門の成長率に限れば、ウォルマートが上回っています。

こうした状況の中、当初はウォルマートの店頭でもKindleが販売されるなど、ある種の“棲み分け”がなされているように見える部分もあったのですが、2012年9月には「競合の製品を売る理由はない」として販売を中止し、いよいよ「待ったなし」の開戦が宣言されたかのような状況になってきています。

 オンラインとオフラインの垣根がなくなっていく今、両社がどのような戦術でこの戦いに挑んでいるのかを見ていきたいと思います。

ついに「聖域」も侵食し始めたアマゾン

 アマゾンは2014年4月4日、音声認識で買物リストが自動的に作成されるDashというデバイスを発表しました。リモコン型の小さなデバイスで、音声入力だけでなく、商品のバーコードを読み込むこともできます。興味深いのは、このプロダクトが当面、生鮮・食品などの即日・翌日配送サービスであるAmazon Freshでしか使えないという点です。

 Amazon Freshは同社が水面下で温めてきた生鮮食品や日用品の会員制の宅配サービスで、おひざ元であるシアトルでは2006年からスタートしていました。パン、野菜、冷凍食品、惣菜、飲料はもちろん、地元の食材店の商品、日用品やベビー用品、Amazon.comの取扱い商品も注文可能。35ドル以上は配送料無料で、午前10時までに注文すると即日配達。午後10時までに注文すると翌朝届けてくれます。

 生鮮食品の扱いには、冷蔵などのコスト負担が大きく利益が出にくいため、試行錯誤に時間がかかっていたようですが、ロサンゼルスに続いて、昨年12月にはサンフランシスコにも拡大、2014年中にさらにエリアを拡張する方針のようです。

 Amazon Freshを利用するには年間299ドルの会費が必要で、従来からある会員向け配送サービス「Amazon プライム」のアップグレード版とも言えます。アマゾンは定額課金することにより迅速な配送を約束するAmazon プライムの提供開始により、他EC業者との圧倒的な差別化をはかり、収益基盤を拡大してきました。

 オンライン書店としてスタートしたアマゾンにとって、書籍以上に日用必需品である食品を押さえることが消費を押さえることになるとの認識は早くからあったようです。

 Kindleに続く新たなデバイス「Dash」を中心に、デバイスと会員システム、ロジスティクスが一体となったプラットフォームを築きあげ、既存の実店舗からの顧客争奪をさらに激化させようというジェフ・ベゾズの意図が見て取れます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ウォルマート、その規模ゆえの強み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
O2Oからオムニチャネルへ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

新田 剛史(ニッタ タケフミ)

東京ガールズコレクション・プロデューサーとしてビジネス面の責任者を務めた後、2009年、株式会社ミクシィ入社。NIKEiDとコラボレーションした“ソーシャルバナー”や“mixiXmas”などのヒットコンテンツを生み出す。オンラインから店頭への送客施策においても先んじて実績を残している。2012年、株式会社Showcase Gig設立。<受賞歴・講演等> 2007年、2008年モバイル広告大...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/12 11:00 https://markezine.jp/article/detail/19892

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング