SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、「アルスエレクトロニカ」と提携、イノベーション創出支援サービスを展開

 オーストリア・リンツ市を拠点とする「Ars Electronica(アルスエレクトロニカ)」は、先端テクノロジーとアートシンキングが未来社会に与えるインパクトと可能性を探求する、未来志向のクリエイティブ機関。1979年に始まった「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」は、最先端のアート、テクノロジー、社会のあり方にフォーカスし、その名を知らしめてきた。

 また、R&D部門「フューチャーラボ」は、欧州企業を中心に、イノベーションを支援する「触媒」(カタリスト)として、未来志向のコンサルティング事業を行ってきた豊富な実績を持つ。

 今回の提携によって、博報堂は新サービス「Future Catalysts Hakuhodo×Ars Electronica」をスタート。主に日本とアジア圏において、クライアント企業に対する新規事業創造の開発支援や、社会課題への新たな解決策の創造を共同で行う。

 また、アルスエレクトロニカの持つアート、先端テクノロジー領域の世界的なクリエイティブネットワークと連携しながら、産業と社会のイノベーション創出に貢献する新たなクリエイティブ人材の育成を目指した取り組みも行う。

【関連記事】
IBM、1億ドルを投資し、戦略・データ・デザイン融合のコンサルティングを展開
アジアは欧米よりもモノを買う時に「デザイン」重視の傾向が強い?
ユーザーが制作したLINEスタンプ、本日より販売開始!3万人のクリエイターが登録
クリエイターズマッチ、クリエイティブに特化したユーザーテスト「ADTest」提供開始
博報堂DYグループ、ニュースをつくるクリエイティブエージェンシー設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/09 12:00 https://markezine.jp/article/detail/19914

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング