SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「どの広告主が、どこにどのくらい出稿しているか」がすぐわかるASPサービス「トレンド・スパイス」

 スパイスボックスは、広告業界向けにWebマーケティングサービス群「spice+ (スパイスプラス)」を業界向けにリリースした。4つのサービスで構成されている「spice+」のうち、公式ブログでプッシュされているのが「Trend-spice!(トレンド・スパイス)」だ。

 このサービスでは、スパイスボックスの親会社であるDAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム)がもっているデータをもとにクローリングを行い、日本の主要インターネット広告媒体に表示されている広告を毎日チェック。それによって作成された約600サイト・約50,000URLを対象とした広告データを、「広告主別=A社はどこにどれくらい出稿しているか」、「業種別=化粧品業界はどこにどれくらい出稿しているか」、「サイト・掲載面別=某ポータルトップにはどんな広告主がどれくらい出稿しているか」といった、異なる切り口で集計して管理画面で提供する。

 期間を指定して長期に渡るトレンドを参照したり、実際に掲載されたバナー・テキストの広告クリエイティブも見ることができる。また、全表示データがExcel形式でダウンロード可能となっており、レポート作成などに活用することも可能。

 「トレンド・スパイス」の月額利用料金は、広告主が30万円、媒体社は50万円。そのほかに、6ヶ月以上の契約と初期費用5万円が必要となる。

プレスリリース:「広告業界・媒体社向けにインターネット広告出稿状況調査ASPサービス「Trend-spice!」の提供を開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/24 17:49 https://markezine.jp/article/detail/1993

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング