SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook、日本でプレミアムビデオ広告を提供開始

 Facebookがスタートした「プレミアムビデオ広告」は、ニュースフィード内に配信される15秒の動画広告で、ブランディングを目的とした広告主向けのソリューション。米国では今年3月から提供を開始していたが、5月20日に、日本、オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、英国でも一部の広告主向けに提供を開始した。

 プレミアムビデオ広告は、スクロールして利用者の視界に入ると音声がない状態で自動再生され、視界から外れると動画の再生が自動的に止まる。利用者が動画をタップすると、フルスクリーン表示となり音声も再生される。

 Facebookは、利用者の反応をみながら慎重に展開したいとしており、広告主やキャンペーン数を絞って提供する。広告配信が開始されるのは、数ヶ月後になる見込み。

 もうひとつ発表された「ビデオメトリックス」は、Facebook上に投稿された動画に対する反応を知ることができるツール。従来は、ページオーナーは何人の人がビデオを見始めたのか (動画視聴開始数)しか把握できなかったが、このツールによって、延べ動画視聴回数、ユニークな動画視聴回数、平均視聴時間、視聴者のリテンションなども把握することができるようになる。

  ビデオメトリックスは、広告であるかオーガニックな投稿であるかに関わらず、Facebookページにアップロードされた全動画(プレミアムビデオ広告含む)に対して利用できる。このツールは今後数週間かけてグローバルで利用が可能となる。

【関連記事】
Adap.tv、日本テレビ、テレビ東京、ドワンゴら19社と動画広告パートナー契約
オプトグループの「Xrost DSP」、Tポイントのビッグデータを活用した動画広告配信サービス
スペイシーズとチューブモーグルがデータ連携、オーディエンスデータを活用したターゲティング動画広告を配信
ニュース閲覧アプリ「SmartNews」、動画ニュース専用「動画チャンネル」開設
ブライトコーブがOracle Eloquaと連携、マーケティングオートメーションと動画を融合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/21 11:20 https://markezine.jp/article/detail/20041

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング