SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteoのリーチは「Googleディスプレイネットワーク」に次いで2位、日本は88%でトップ

 Criteoの5月15日の発表によると、同社のパーソナライズされたリアルタイムの広告を目にしているインターネットユーザが、1か月間で9億2400万に達した。この数値はcomScoreの「メディアメトリックス」の月次レポートによって明らかになったもので、Criteoのリーチは、Googleディスプレイネットワークに次ぐ第2位につけている。

 Criteoの広告を見た全世界のインターネットユーザのほぼ50%には、Googleのサーチ広告が表示されていなかったことから、Criteoはサーチ広告に対して付加的な役割を果たしている。

 Criteoの広告を見たインターネットユーザの割合を国別に示すと以下のようになり、日本は88%と最も高いリーチを示している。

【関連記事】
Criteo、北京にオフィス開設、中国での事業を本格化
Criteoが2014年第1四半期の決算を発表、同社過去最高の業績達成
PCでのリーチは依然としてヤフーが突出/スマホネット利用者はPCの約6割にまで拡大
米国の動画視聴者数トップ3はGoogle・NDN・Facebook、広告は53%にリーチ
Facebook、日本でプレミアムビデオ広告を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング