SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

予定と違うモノを購入してしまう、「態度変容のきっかけ」は何?【ジャストシステム調べ】

 ジャストシステムは、全国の20代~40代の男女600名に対して実施した、「購買行動における態度変容に関するアンケート」の結果を公開した。本調査は、当初の予定とは異なるブランド・商品を購入した際、何がきっかけとなって気持ちが変化したかを調べたもの。調査の結果、家電製品や服飾品など商品カテゴリによって、態度変容のきっかけは異なることがわかった。

 洋服や装飾品については「店内のディスプレイを見て」が最も多く(32.2%)、2番目が「店員さんなどのアドバイス」(13.8%)だった。3番目は「最初に検討したブランドのサイトを見て」(12.1%)と、購入者などのレビュー情報よりも、オフィシャルサイトの影響力が強いことがわかった。

 一方、スマートフォンの有料ゲームアプリの購入について、同様の質問をしたところ最多の回答は「実際にアプリを購入した人のレビュー」(27.4%)、次いで「最初に検討したアプリのサイト」(22.3%)という結果となった。

 タブレットPC/パソコンの場合は、「店員さんなどのアドバイス」が最も多く(24.1%)、続いて「価格比較サイトなどを調べて」(11.8%)となった。

 また、エステサロンと英会話スクール(オンライン英会話も含む)については、「ブランドを利用した人のレビュー」がともに最も多い結果となり、エステサロンは20.2%、英会話スクールは23.1%だった。また、英会話スクールについては、「最初に検討したブランドのサイトを見て」も23.1%で、エステサロンでも18.6%と「ブランドを利用した人のレビュー」に次いで多く、オフィシャルサイトも購買行動に影響を与えていることがわかった。

 【調査概要】
 調査期間:2014年5月14日~2014年5月16日
 調査対象:Fastaskのモニタのうち、全国の20代~40代の男女600名
 調査方法:セルフ型ネットリサーチ「Fastask」によるアンケート調査

【関連記事】
DI.等3社、態度変容測定からシナリオ配信設計、KPI設定までワンストップで分析可能に
Facebookがネット選挙運動に与える影響は?
約8割の女性「ソーシャルメディアが購買・サービス利用に影響」と回答
JADMA、「ネット通販の商品選びに影響を与えるSNS」について調査
まとめサイトの影響力は?【電通PR・情報流通構造調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/22 15:45 https://markezine.jp/article/detail/20066

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング