SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

高校生のスマホ所有率は8割超、7人に1人が1日4時間以上利用【リクルート進学総研調査】

 リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルート進学総研は、高校生のWEB利用に関する調査を実施した。

メディアの1日あたり平均利用時間

 高校生のスマートフォンの利用について調査したところ、82.2%の高校生がスマートフォンを所有しており、所有率は2011年調査の5.5倍(2011年14.9%→2012年39.0%→2013年55.0%→2014年82.2%)に。大多数の高校生がスマートフォンを所有していることが明らかになった。また、スマートフォンのインターネットを1日4時間以上利用しているのは14.3%と7人に1人という結果に。

 機種別では、「iPhone」(43.9%)の所有率の伸び率が高く、前回調査(2013年)の約1.7倍に。所有率は「iPhone以外」(45.6%)、「iPhone」(43.9%)となった。また、スマートフォンに加え、タブレット型パソコンも所有率が増加した。一方で、デスクトップ型パソコン、携帯電話は減少した。

ススマートフォンアプリの利用状況:「利用・計」「ほぼ毎日利用」の割合(全体/各単一回答)

 スマートフォンの利用目的としては、「アプリの利用」「調べもの・情報収集」「コミュニティサイトへの参加」「動画を見る」「メール」が8割を超えた。スマートフォンで勉強をしている高校生も約6割に上り、「他エンタメ系(ゲーム・占いなど)」の利用を上回った。

 また、スマートフォンでのアプリの利用率は92.6%となり、前回調査(2013年)の2.6倍(2013年35.5%→2014年92.6%)に。アプリのインストール数は平均32.2個となり、前回調査(2013年)の27.1個より増加した。利用アプリの種類は、「SNS」が9割を超えてトップに。次いで「動画系」「ゲーム」が7割を超えた。男女別にみると、男子は「ゲーム」「ニュース・まとめサイト」の利用率が高く、女子は「写真(加工)系」が高い結果となった。そしてほぼ毎日利用しているアプリでは、トップは「SNS」が76%で変わらなかったが、次いで「ゲーム」「無料通話」が3割を超えた。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査期間:2014年4月4~8日
調査対象:全国の高校生
集計対象数:1,438人

【関連記事】
高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用【Z会調査】
「スマートティーン調査報告」~高校生の4人に1人がスマホネイティブ
高校生の3割、「自分が社会人になるころの社会は明るい」
聴いてる音楽をスマホで判定、すぐにシェアできるFacebookの新機能
アスクル「ロハコ」、豊洲駅でスマホを使ったセールキャンペーンを開催中

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/23 16:30 https://markezine.jp/article/detail/20079

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング