SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プログラマティック広告プラットフォームのPubMatic社、 前川洋輔氏を日本法人社長に任命~国内業務拡大へ

 7月8日、大手パブリッシャー向けのプログラマティック広告プラットフォームを提供するPubMatic社は、日本法人のパブマティック株式会社社長に前川洋輔を任命した。前川氏はオーバーチュアに2005年より所属、ヤフー株式会社による同社買収に伴いYahoo! Asiaへ転籍。その後、コムスコア・ジャパンのカントリーマネージャーを務めた人物。同氏の持つ、日本のパブリッシャーやインターネット広告企業との経験、グローバルなデジタル市場に対する知識がかわれ、今回の任命となった。

 PubMatic社のCROロブ・ジョナス氏は、今回の任命について「アジア太平洋地域でのプレゼンスを拡大する中で、日本は極めて大きな注力市場であり続けています。今回の任命は、国内市場におけるプログラマティックへの支出が大きく拡大しようとしているタイミングで行ったもの」と述べる。PubMatic社は2014年1月、ネット・メディア・ネットワークスと共に日本市場への進出し、4月に日本版プラットフォームを立ち上げたばかり。

【関連記事】
Rocket Fuel、高いブランドリフトを実現するプログラマティックバイイングソリューション提供
Cadreon、プログラマティック・ダイレクトなバイイングへ移行
Google、プレミアム動画広告をプログラマティックに売買できる「Google Partner Select」
マーケター直接運用の広告費は11%に、インハウスでプログラマティックに取り組む企業増
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/08 18:16 https://markezine.jp/article/detail/20450

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング