SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第95号(2023年11月号)
特集『「知らなかった」では済まされない、法規制とマーケティング』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クロスフィニティ、2014年国内SEO市場は369億円(前年比117%)まで伸長と予測

 クロスフィニティは、日本国内におけるSEO市場調査と、2016年までの予測結果を発表した。同社は国内SEO市場規模について、2014年に369.0億円、2016年に530.6億円まで伸長すると予測を立てた。

 2013年はスマートフォン向けウェブサイトのSEO設計コンサルティングの需要が高まった。また、外部リンク業者への出稿や、ディレクトリ型検索サービス登録申請の抑制、SEOサービス提供企業の施策内容変更、事業譲受が進む傾向があったものの、2013年国内SEO市場規模は前年比115.7%の315.4億と伸長する結果となった。

 2014年はSEOサービス提供企業各社が、コンテンツ関連サービスをリリースする傾向が見られる。そのため、SEOはコンテンツマーケティング設計施工において、一翼を担うと推測できる。また、SEO市場で完全一致キーワードでの順位連動の成果報酬型課金モデルは、企業側担当者と自然検索経由全体のトラフィックとコンバージョンについてコンテンツ含めた戦略立案~実行を協働する事業形態へのシフトが推測される。これは、GoogleによるSSL検索の導入で施策キーワードの流入効果が曖昧になったこと、外部リンク提供型施策のリスクが顕在化し相対的に当該施策依存度が低下することが背景になっている。このような状況を受け、2014年国内SEO市場規模は369.0億円(前年実績比117%)と予測される。

 2015年以降についても、前述の通り、コンテンツマーケティング分野でSEOが一定の役割を担う一方、旧来の外部リンク提供型サービスは一定の水準まで縮小するものと見込まれる。また、自然検索経由のトラフィックの重要性が引き続き高水準でありSEO予算が増加傾向であること、米国ではリスティング広告を含む運用型広告に対してのSEOの比率が高まっており、日本でも同様の傾向にあることから国内SEO市場規模は2016年に530.6億円まで拡大していくものと見られる。

 同時に、自然検索経由全体のトラフィックと大量の順位データを管理が可能な、エンタープライズ型ツールの市場拡大が予想される。今後SEOサービス提供企業はそれらのデータと広告データやアクセス解析データを統合し扱う、技術力・運用力が問われることになると考えられる。

【関連記事】
アイレップ、再生回数の最大化を目指すSEO「YouTube動画最適化サービス」
オウンドメディアの流入元、約8割が検索【popIn調査】
Google、2014年上半期に検索数が急上昇したキーワード発表
アイレップ、2014年4月の「検索エンジン順位変動と動向」を発表~順位変化が激しい1ヶ月
Google検索結果からAndroidアプリ「クックパッド」を直接開くことが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/28 11:30 https://markezine.jp/article/detail/20584

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング