MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ティファニーら4ブランドがモバイル対応で最高評価【IABのファッションブランド調査】

2014/09/08 15:00

 IABが調査対象としたのは、コンデナスト傘下のファッション誌「WWD(Women's Wear Daily)」のファッションブランドトップ100に含まれるブランド(関連するブランドを含めると最終的には102ブランド)。調査対象のブランドのうち17%はモバイルに最適化されたウェブサイトを持っていないことが明らかになった。主要なアパレル、テクノロジー、ハイファッションのブランドで、モバイルサイトを保有していないのは以下の16ブランド。

American Apparel、Bali、Candie's、
Casio、Cherokee、Danskin、
DKNY、Fruit of the Loom、Joe Boxer、
Maidenform、Playtex、Reebok、
Seiko、Timex、Vanity Fair、Versace

 さらに、消費者が必要とするであろうモバイル向け機能を備えているかも調査。アプリを展開しているブランドのうち、モバイルサイトからApp Storeへのリンクを提供しているのは24%。また、デスクトップサイトを見たい消費者向けにリンクを提供しているブランドは59%だった。モバイル端末の小さい画面でも見やすい検索結果を提供しているブランドは35%。実店舗を探す機能は85%のブランドが提供している。また、1、2回タップするだけで電話をかけられる機能を提供しているブランドは64%となった。

New York & Co.は、M-scoreが71.43という高い評価を得ているが、タップして電話できるようになっていないのが残念

New York & Co.は、M-scoreが71.43という高い評価を得ているが、
タップして電話できるようになっていない点が残念

 同調査では、こうした要素をもとに、「M-score」という指数でファッションブランドのモバイルウェブにおける総合的なプレゼンスを分析。100点満点を獲得したのは以下の4つのブランドとなった。

The North Face
Pink(Victoria’s Secret)
Tiffany & Co.
Victoria’s Secret

 逆に最も低い評価だったのは、以下のブランド。

Candie’s
Casio
Joe Boxer

 IABは、M-scoreの評価対象となる要素以外の主要なモバイル戦略についても評価。ファッションブランドが展開しているアプリの種別を見ると、47%がiPhoneアプリとなっており、Androidアプリは43%、iPadアプリは26%となっている。また、デスクトップかモバイルかを問わず快適な顧客体験を提供する、レスポンシブデザインを提供しているブランドは37%にとどまっている。

【関連記事】
クローゼットの中身は7割以上が休眠中? 着回しアイディアを発見できるファッションアプリ「XZ」
日本初公開、グッチ新宿にてチームラボ 「Infinity of Flowers」展開催
ファッションコーディネートアプリ「WEAR」300万DL突破!香港でのサービスも開始
バーバリー、ロンドン開催の最新コレクションをライブ配信
アップル、バーバリーCEOを小売事業の責任者に、ファッションとITのラグジュアリーブランド戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5