SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂、マーケティング改革を加速~アカデミー設立とブランドマネージャー制を導入

 資生堂は、世界で戦えるマーケターの育成を狙いとした「マーケティングアカデミー」を8月27日に開講。また10月より、商品開発から販売、売上・損益まで統合してブランドを管理するブランドマネージャー制を導入する。同社は、マーケティングを経営の中核に据えたグローバルマーケティングカンパニーに変革するための取り組みを進めている。今回の2つの施策もその一環。

 マーケティングアカデミーには、マーケティング部門社員を対象とする「アドバンス」、「ベーシック」の2つのコースに加え、営業・美容・技術・スタッフ部門の社員もそれぞれの立場でマーケティング発想に変わるための「ワン マーケティング セッション」の計3コースを設けている。「アドバンス」と「ベーシック」の2つのコースは、本社所属の国内および海外事業に携わるマーケティング部門の社員約400名を対象に本年12月からスタートし、順次、関係会社、海外(中国・アジア・米州・欧州)に対象を拡げていく予定。

 10月より国内化粧品事業部内に配置されるブランドマネージャーは、担当ブランドのマーケティング戦略・実行計画を立案し、売上・利益責任を負う「ブランドオーナー」の役割を担う。研究開発から商品企画、生産、販売、ブランド別収益管理に至るまで、統合的なマーケティング活動を行い、一気通貫の価値づくりを推進することとなる。

【関連記事】
資生堂、2014年秋冬トレンドカラー分析結果の3次元グラフ使ったクリエイティブを展示
資生堂、インドネシア企業と合弁契約締結、2014年7月より新会社営業開始へ
ティファニーら4ブランドがモバイル対応で最高評価【IABのファッションブランド調査】
カンタージャパン、インストリーム広告のブランド効果測定サービスを開始
資生堂、年内にUAE・ドバイに合弁子会社設立へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/09/11 10:00 https://markezine.jp/article/detail/20891

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング