SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マルチスクリーン化が収益向上の鍵/Ooyala、最新版「Global Video Index」公開

 Ooyala(ウーヤラ)は、世界中のオンライン動画配信状況や視聴傾向がわかる指標調査レポート「Global Video Index」の最新版(2014年第2四半期/2014年4月~6月)を公開した。今回のレポートで、視聴環境はマルチスクリーン化がますます進行していることが明らかになった。さらに、モバイル端末での動画視聴が急速に成長していること、また、プレミアム動画、ライブ動画、長編動画の視聴が急増していることが判明した。

 同社は、調査結果から、コンテンツ提供者がコンテンツ戦略を立案し、収益を最大化するためには、新たなビッグデータ解析と視聴者調査を活用して、オンラインでの視聴者の視聴動向を十分理解する必要があるとしている。

 また、同レポートではマルチスクリーンでの視聴動向において天候がどのような影響を与えうるかについての記事も掲載。これは、ボストンで寒い雨続きの週と暖かい晴れた週の2週間を比較して、同一の動画提供者に関して動画視聴がどのように違うかを調べたもの。

 その結果、雨の日には動画に費やす総視聴時間が急増。雨が降ると、デスクトップのパソコンでの動画視聴時間は晴れの日に比べて40%増加し、タブレット端末での視聴時間も約5%増加した。また、暖かい週は寒い週の6倍近くもの動画視聴数(動画再生回数)を記録した。これは、天気の良い日には外出中に、モバイル端末から手軽な短編コンテンツを視聴しているため。

【関連記事】
宿泊施設のCV、口コミに返信している場合21%アップ【トリップアドバイザー調査】
ティファニーら4ブランドがモバイル対応で最高評価【IABのファッションブランド調査】
TVCM×インストリーム動画広告、TVCM単体より興味関心高くなる傾向【博報堂DYM調査】
20代では約5割がネットショッピングをスマホから利用【生活トレンド研究所調査】
広告主は動画広告活用に何を期待するのか?【オプト調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/09/16 13:00 https://markezine.jp/article/detail/20911

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング