SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebookユーザーが気にしているのはイイね!数より、自分の見え方【オプト調査】

 オプトは、Facebookの利用に関する意識についての調査結果を発表した。

懸念事項はプライバシー、いいね!数はあまり気にせず

 Facebookの利用に関する不安感・抵抗感について尋ねたところ、「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」とした人の比率をみると、「電話番号などを入力するのが不安」85%、「実名や出身校を入れたくない」79%、「プライベートが他の人に知られるのが嫌だ」75%などで多数を占めており、プライバシー・プライベート情報が知られることへの抵抗感が総じて強いことがわかった。また、「自分には投稿することがない」64%、「何を投稿したらよいかわからない」60%という人も半数を超えている。

 同様に、Facebookを利用していない人の心理的な利用阻害要因を調べた。「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」とした人の比率は、「SNSは全体に苦手である」が79%、「友達申請する相手がいない・少ない」が70%で、「Facebookは難しそう・よくわからない」といったリテラシーの問題よりも、ネット上での社交・つきあいへの苦手感が強い様子が伺えた。

 Facebook利用者で、利用上気にしていることについて調べた。「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」とした人の比率は、「投稿する時は、誰が見ているかに気を使う」が54%、「投稿内容について、自分の見え方に配慮して投稿している」が51%と半数強を占める。一方で、いいね!数やコメント数が気になる人は3割台にとどまることがわかった。

Facebookユーザーは見栄張り、ノンユーザーはシャイ

 生活上の価値観やライフスタイルについて、Facebookユーザーとノンユーザーの差を調べた。Facebookユーザーに多く見られる傾向としては、「インターネット上の情報の選択には自信」「インターネット上の情報の見分けには自信がある」などITリテラシーへの自信、「海外旅行中のコミュニケーションは苦にしない」「海外生活」「海外留学経験」などの国際性、「みっともない服装や髪型をしていると恥ずかしい」「自分は『リア充』な方だ」「他人に評価されないと自信が持てない」などの見栄張り的な意識が見られた。

 一方、Facebookノンユーザーに多く見られる傾向としては、「あまり交際範囲を広げたいとは思わない」「家族や地元のコミュニティの範囲で暮らしている」といった社交に関する内向き傾向、「流行しているからといってやりたいとは思わない」「流行に乗せられるのは好きでない」といった流行に乗ることへの照れ、「自分を表現する事に慣れていない」「自己主張するのが苦手」「初対面など、知らない人と話をするとき恥ずかしい」といった日本人的なシャイネスがあることがわかった。

画像クリックで全項目が表示されます

 【調査概要】
 調査地域:全国
 調査対象:満15~69歳の男女
 調査方法:インターネットリサーチ
 有効回答数:1,295人(Facebookユーザー641人、ノンユーザー654人)
 調査日時:2014年7月19日~7月21日

【関連記事】
Facebook、キャンペーン管理ツール「Atlas」提供、Omnicomがパートナーに
英国で急成長するソーシャルメディア広告、そのほとんどはFacebookへ
スマホで使うアプリは平均27個/年代で利用時間の長いアプリに違いあり
20代の6割超がスマホで電子書籍を利用
20代では約5割がネットショッピングをスマホから利用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/03 09:00 https://markezine.jp/article/detail/21010

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング