SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ベクトル、動画制作に特化したクラウドソーシングサービス「Video Times」リリース

 ベクトルは、11月11日、動画制作の発注から納品までをオンラインで完結できるクラウドソーシングサービス「Video Times(ビデオタイムズ)」の提供を開始した。

 昨今、ITインフラの整備やテクノロジーの進化等の背景を受け、オンライン動画を活用したコンテンツマーケティングが急速に浸透しつつある。特に、スマートフォンの急速な普及を背景に、ユーザーがスマートフォンで動画視聴する比重が増加しており、今後もスマートフォン向けの動画広告市場が大きく成長していくことが予想される。それに伴い、カジュアルなコスト感でスピーディに高品質な動画を制作できるスキームが求められていた。

 「Video Times」は、オンラインで動画制作の発注から納品まで一気通貫でおこなえるクラウドソーシングサービス。クライアントが動画制作の与件をフォームに入力すると、登録している100人以上のディレクターズネットワークから要望に応じたクリエイターとのマッチングが行われる。その後、オンライン上での制作管理によってスピーディかつ効率的に動画制作を進めることができる。会社紹介・商品サービス紹介・営業ツールからweb動画広告など、目的用途に応じて様々なタイプの動画を、30万円から制作可能。

 さらに同社は、先日発表した「Native News Wire」と併用することで、記者発表会の様子を数分のレポート動画にまとめ、その動画をPR記事として露出・拡散し、情報を届けたいターゲットに効率的に動画視聴を促すこともできる。また、子会社IR BANKが提供する、上場企業の社長が3分で語る動画サイト『IRTV(アイアールティービー)』とも連携し、活発的な個人投資家に届ける魅力的なIR動画制作もサポートしていく。

【関連記事】
マイクロアドとベクトル、アドテクとPRを融合した新ネイティブアドサービス共同展開へ
ライオン、日本エレキテル連合とコラボWEB動画作成~店頭販促用映像としても利用
サイバーエージェント、インターネット動画事業の強化を目的に専門子会社設立
通勤・通学中に動画を視聴する人は50%、若年層では20%が毎日視聴【電通総研調査】
キュレーションマガジン「Antenna」の自動再生動画広告が全デバイスに対応、機能も拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング