MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Amazon、ドローンを使った無人配送サービス「Prime Air」を2015年に実現か、技術者募集

2014/11/17 14:00

 Amazonは、注文してから30分以内に商品を届けるためのシステム「Prime Air」を開発してきた。実際に荷物を運ぶのは、ドローンと呼ばれる小さなヘリコプターのような無人で空中を飛行する機械である。実現のためには、安全も含め飛行システムについてのルールづくりが前提となる。

Prime Airのプロモーション動画より
Prime Airのプロモーション動画より

 「無人航空機の国内飛行をめぐるアメリカの動向と立法」(国立国会図書館)によると、無人航空機の活用は案件ごとの承認に基づいており、民間機については試験飛行等に限定され、商業目的での飛行は認められていない。しかし、無人航空機の経済効果などさまざまな可能性に期待が高まっていることから、2012年2月、連邦議会は米国連邦航空局(FAA)に対し、公用および民間無人航空機の全米空域システムへの統合を速やかに進めることを求め、統合へ向けた各種要件とその期日を2012年法に規定した。

 そこでは、2015年9月までに無人航空機の全米空域システムへの統合を開始。それに先立ち技術的課題等の検討に資するため6つの試験区域を設置し、まず小型無人航空機に関して規則等制定を進めるとして、実施すべき事項とその期日を定めている。

「無人航空機の国内飛行をめぐるアメリカの動向と立法」より

 Amazonの「Prime Air」のページでは、その規則が早ければ2015年内にも施行されるのではないかと期待しており「我々はその準備ができている」とコメントしている。また最近Amazonは「Prime Air」のために、Unmanned Aircraft Systems(UAS)テクノロジーをテストする技術者を募集。こうした状況からも2015年にもドローンによる配送が実現するのではないかという見方が強まっている。

【関連記事】
らでぃっしゅぼーや、Amazonマーケットプレイスに出店~新チャネル追加で販売拡大狙う
アマゾン、Amazon Androidアプリストアで使える専用通貨「Amazonコイン」の提供開始
Amazon、ゲームのプレイ動画のTwitchを9億7000万ドルで買収
高島屋、生鮮品等のデイリー食料品宅配事業を開始~初年度売上目標は6億円
コンビニでの生鮮食品購入者、女性50代以上では約4割に【マイボイスコム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5