SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イオン、SIMフリー&LTE対応のWindowsタブレットを通信サービスとセットで月3580円で販売

 イオンは、「イオンモバイル」シリーズとして「イオンスマホ」に続いて、マウスコンピューターと協働したイオンオリジナルモデルのタブレットパソコンを、通信サービスと合わせて月額3580円で販売する。11月27日より予約を開始し、12月中旬に店頭販売する。

 「イオンモバイル」タブレットパソコンは、LTE対応のWindowsタブレット。Wi-Fiへの接続はSIMフリー。LANケーブルやWi-FiルーターがなくてもSIMカードを差すだけでインターネットへ接続できる。

 今回のタブレット端末を販売には、「スマートフォンでママ友とSNSを楽しみたい」「タブレットで孫の写真を大きく見たい」といった声に応えるもの。また、節約志向が強まるなか、通信費は節約したい項目のひとつと言われている。イオンは今後、デジタル機器や通信サービスを「イオンモバイル」シリーズとしてトータルで提案する。

【関連記事】
イオンと日本通信、月額2980円で利用できる「イオンのスマートフォン」を発売
イオンの目指すオムニチャネルが、12月20日「イオン幕張新都心店」から始まる
女子小学生の17%がタブレットで勉強/11%が無料通話・メールアプリを利用【KADOKAWA調査】
約3割がスマホ・タブレット利用でPC利用頻度が減少/商品・サービス購入はスマホよりもPCか
60歳以上のシニア層のタブレット端末所有率は24.1%/人気端末はiPad【MMD研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/28 13:00 https://markezine.jp/article/detail/21488

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング