SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

popInとマクロミル、ネイティブアドのブランドリフト効果測定サービス開発~花王の導入事例も

 popInは、同社が提供する「popIn Discovery」を通じて配信するコンテンツ型ネイティブアドのブランドリフト効果を計測するサービスをマクロミルと共同で開発し、花王のオウンドメディアコンテンツに提供した。そして12月3日より、正式に同測定サービスの提供を開始した。

 日本国内においても、ブランド企業を中心にコンテンツマーケティングへの取組みが本格化している。それに伴い、制作したコンテンツを「どれだけ閲覧したのか」という実態に基づくユーザーの態度変容の違いを測定したいというニーズが高まっていた。そこでこの度、コンテンツ型ネイティブアドの配信サービス「popIn Discovery」、コンテンツの読了状況を測定する技術「READ」、そしてマクロミルが提供する「AccessMill」をシームレスに統合することで、ブランデッドコンテンツへのトラフィック誘導と読了状況に基づく態度変容の効果測定を可能とするトータルサービスの開発・提供に至った。

 実際に同サービスを導入した花王のオウンドメディアコンテンツにおいては、誘導したユーザーの態度変容をアンケート調査した結果、コンテンツを熟読したユーザーは流し見をしたユーザーよりも高いブランドリフト効果が認められた。

【関連記事】
popIn、「読者満足度の高い記事」の解析アルゴリズムをネイティブ広告配信プラットフォームで提供
新聞社サイトの平均読了率は70%/ライフスタイルサイトのスマデバ閲覧率は60%【popIn調査】
オウンドメディアの流入元、約8割が検索【popIn調査】
ログリー、ネイティブ広告の自動取引を実現する 「logly lift Exchange」提供へ
ネイティブ広告ネットワークを活用して情報を拡散!「Native News Wire」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/03 12:00 https://markezine.jp/article/detail/21521

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング