SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BuzzFeedサンフランシスコ支局長に、元WIREDのMat Honan氏が就任

 BuzzFeedは、編集チームをNews、Buzz、Lifeの3つに分けているが、Mat Honan氏はBuzzFeed Newsのサンフランシスコ支局長に就任する。同氏の指揮のもと、サンフランシスコ支局を拡大する計画だ。BuzzFeedの支局はこのほかに、ワシントン D.C.、ロサンゼルス、ロンドン、ベルリン、シドニー、ムンバイ、サンパウロにある。

BuzzFeed Newsサンフランシスコ支局長となるMat Honan氏(写真: Jon Snyder / Via jonathanasnyder.com)

BuzzFeed Newsサンフランシスコ支局長となるMat Honan氏
(写真: Jon Snyder / Via jonathanasnyder.com)

 Mat Honan氏はWIREDのシニア・スタッフライターとしてテクノロジーがビジネスと文化に与える影響について数多くの記事を執筆。WIRED以前には、ABCやNBCの全国放送のニュース番組のほか、CNN、Bloomberg TV、NPR、PBSなどでキャリアを積み、Gizmodo、Macworldなどにも寄稿するなど幅広いメディア経験を持っている。

 氏は12月17日、BuzzFeedのニュース担当エグゼクティブ・エディターShani Hilton氏の直下に配属され、ともに支局の構築と採用を担う。サンフランシスコ支局の編集スタッフは2015年中に約20名に増員。BuzzFeed Newsは8~10名のテクノロジーとビジネスの担当記者で構成される。

 BuzzFeedは積極的な人材獲得を続けており、2013年、調査報道チームを立ち上げるため、ピュリッツァー賞を受賞したジャーナリストMark Schoofs氏を迎えている。また、今年5月にはアドテク企業Criteo、The Huffington Postの社長を務めたGreg Coleman氏がBuzzFeedの社長に就任している。

【関連記事】
バイラルメディア「BuzzFeed」がデータ基盤強化、現代メディアのコアは「データとテクノロジー」
New York Times、新役職「エディター・フォー・イノベーション&ストラテジー」を設ける
New Media Investment、36地方紙を発行する新聞社を2億8000万ドルで買収
SmartNews、500万ダウンロードを達成
ハフィントン・ポスト新編集長にジャーナリストの高橋浩祐氏

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/04 17:00 https://markezine.jp/article/detail/21539

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング