SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビルボードジャパン、音楽チャートのデータ分析を体験、カラオケとツイッターで投票する「今年の1 曲」も

 日本におけるBillboardブランドのマスターライセンスを保有する阪神コンテンツリンクは、「Billboard JAPAN Music Awards 2014 ~みんなで楽しむ“JAPAN HOT100”~」と題し、チャートを構成している指標ごとの順位を公開。特設サイト上でデータを指標別に並べ替えたり、楽曲ごとの指標の推移をグラフで見ることができる。

 Billboard JAPAN チャートは複数データを合算したチャートで、「CDシングル販売数」「AM/FMラジオ放送回数」「ダウンロード数」「PCによるCD読取時にGracenote Media Databaseへアクセスした回数=ルックアップ数」「楽曲とアーティスト名両方をつぶやくTweet数」の5つのデータを合算。特設サイトでこれらのデータを公開し、体験型チャートとして楽しむことができる。

 また、みんなで選ぶ「今年の1曲」と題した投票企画では、年間チャートにチャートインした100曲すべてを対象に、2つの方法で投票が可能となっている。

・Twitterでハッシュタグ「#BJMA2014」をつけて、「アーティスト名」と「曲名」をツイート
・カラオケ/第一興商の[DAM シリーズ]を利用して歌う(その歌唱回数が集計される)

 それぞれのポイントを50:50で合算。結果は2015年1月16日にランキングとして発表し、1位となった楽曲を毎年恒例の“Artist of the Year”として発表する。投票期間は2014年12月12日(金)~12 月31日(水)。

【関連記事】
エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージック、LINEが音楽配信の新会社LINE MUSICを設立
音楽売上とソーシャルデータ分析を体験できる「NextBig Sound Labs」ローンチ
YouTubeが音楽プラットフォームに変貌、新アプリと広告なしの有料サービスをリリース
サイバーエージェント、エイベックスと共同で定額制音楽ストリーミングサービス運営会社設立へ
マンガに音楽……コンテンツデリバリーの主役はLINEにシフトしている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/12 13:15 https://markezine.jp/article/detail/21591

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング