SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PCの月間ネット利用者数は昨年より8%減/スマホの月間ネット利用者は30%以上増【ニールセン調査】

 ニールセンは、スマートフォン視聴率情報および、PC版インターネット視聴率情報のデータを用い2014年の日本におけるPCとスマートフォンのインターネットサービス利用者数ランキングを発表した。

2014年は「スマートフォン躍進の年」

 2013年から様々なインターネットサービスの利用がPCからスマートフォンへ移行しており、今年はそれがさらに進んだ一年となった。PCからの利用者数の多いサービスTOP10をみると、その全てが2013年と比べて2ケタ減となった。2013年時点ではPCからの利用者数を維持していた「楽天」や「Amazon」などのECサイトや「YouTube」などの動画カテゴリでも、PCからの利用者数が大きく減少していることがわかる。

2014年日本におけるPCからの利用者数

2014年日本におけるPCからの利用者数

スマートフォンからのインターネット・アプリ利用はともに3割増

 一方スマートフォンは、月間のインターネット利用者数が2013年10月時点から約900万人増加し、2014年10月時点で約4,400万人にまで拡大した。アプリケーションとウェブブラウザからの利用で利用者数が多かったサービスを見ると、1位の「Google」と2位の「Yahoo!」共に月間約3,400万人が利用しており、僅差で競っている。

2014年日本におけるスマートフォンからの利用者数

2014年日本におけるスマートフォンからの利用者数

 アプリごとの利用状況を見ると、最も利用者数の多かったアプリは2年連続で「LINE」となった。同アプリは昨年の月間平均利用者数から約1,000万人増加し、約3,100万人が利用している。利用者数の伸びを見ると、TOP10アプリの中では「LINE」と「Twitter」、「Yahoo! JAPAN」の3アプリが、昨年から大きく利用者数を増やす結果となった。

2014年日本におけるスマートフォンアプリケーション利用者数

2014年日本におけるスマートフォンアプリ利用者数

 同社アナリストの高木史朗氏は今回の結果について、「スマートフォンについて、直近の弊社の調べでは、16歳~49歳では70%の普及率にまで伸長しました。来年以降の大きな伸びしろは50代以上(普及率17%)に限られるため、スマートフォン利用者数はこれまでのような急成長から、緩やかな成長へと移行していくと考えられます。2015年以降、スマートフォンからのサービス利用を拡大するには、カテゴリ内シェアを高めていくことが、これまで以上に重要となるでしょう。」と見解を述べている。

【関連記事】
20代女性は毎日60分以上スマホで情報収集/広告は無料なら仕方ない【情報・広告意識調査】
Google、ディスプレイ広告のビューアビリティ調査結果を発表、目視不能な広告は56.1%に
約4割がネット動画のシェア経験あり/シェア経験者はスマホでの視聴が多い傾向に【IMJ調査】
ニュース・キュレーションアプリの利用者は1年で2倍以上に【ニールセン調査】
子育て中に興味あっても情報収集できないものは「しつけ」と「歯に関すること」【博報堂調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング