SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新会社「GMOカルチャーインキュベーション」が、DJカルチャー&EDMアーティスト支援活動をスタート

 欧米を中心にブームとなっているEDM(Electronic Dance Music)では、大規模なフェスが開催され、DJが数万人規模のオーディエンスを相手に孤軍奮闘してパフォーマンスを披露。エンターテイメント性の高さから人気を集め、社会現象ともなっている。

※写真はイメージです。
※写真はイメージです。

 コンテンツとしての音楽市場が前年比3.9%減の約1兆5,600億円(IFPI<国際レコード産業連盟>調べ)と停滞する一方、フェス・クラブ市場は4,000億円超(「IMS Business Report 2014」調べ)と拡大。スターDJが台頭し、その存在感が増している。

 こうした状況を踏まえて、GMOインターネットはカルチャー支援事業を行う新会社「GMOカルチャーインキュベーション」を設立。同社サイトでは、初の公式所属アーティスト・プロデューサー「SHINTARO」を紹介。Vestax主催「NoTricks DJ Battle」で3度優勝、2010年の韓国「SeoulWorld DJ Festival」のNoTricks in KOREAでは日韓グランドチャンピオンに輝いた後、クラブでの活動に注力。2013年には「RedBull Thre3Style」に日本代表として世界大会に初出場し、史上最年少・開催国外DJ初となる世界制覇を成し遂げた。これは日本人としてもアジア人としても初となる快挙だという。

 GMOカルチャーインキュベーションは今後、音楽だけでなく、芸術、映像、クリエイティヴデザイン、食など、さまざまな分野でアーティストを発掘し、支援する活動を展開する。

【関連記事】
エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージック、LINEが音楽配信の新会社LINE MUSICを設立
音楽売上とソーシャルデータ分析を体験できる「NextBig Sound Labs」
YouTubeが音楽プラットフォームに変貌、新アプリと広告なしの有料サービスをリリース
サイバーエージェント、エイベックスと共同で定額制音楽ストリーミングサービス運営会社設立
ビルボード、音楽チャートのデータ分析を体験、カラオケとツイッターで投票する「今年の1 曲」も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング