SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebookへの動画投稿数は過去1年で75%増/動画視聴の65%がモバイルから

 Facebookでは、過去1年で、1人あたりの動画投稿数が世界で75%増加した(米国だけを見ると94%増)。2014年6月以降は日々の動画視聴回数が平均で10億回を超えている。また、ニュースフィード上に流れてくる動画数は前年比で3.6倍に増えた。さらに、世界中から投稿される写真や画像は一日あたり、3億5千万点となっている。加えて、Instagramでも3億人以上の人々が、日々7千万以上の写真や動画を投稿している。

 動画広告についても成功事例が増えてきている。マクドナルド社がワールドカップに合わせてヨーロッパで実施した「FryFutbolキャンペーン」では、リアルタイム動画を採用。インプレッション数4億超を記録。158か国1億2,500万人以上によって視聴された。

 動画視聴に使用した端末に目を向けると、上記のマクドナルド社の事例では、視聴者の80%がモバイル経由だった。Facebookにおいても、動画視聴の65%がモバイルによるもの。ここから動画利用の活性化は、主としてモバイルによって牽引されていると言える。

 モバイル動画の利用はモバイルや通信技術の発展を背景に、今後も増え続けることが予想される。シスコシステムズ社によると、モバイル動画は2013年から2018年にかけて14倍に増え、2018年末までにはモバイルデータトラフィックの69%を占めると予測されている。

【関連記事】
Facebookに「dislike(嫌い)」ボタンは付けないの?ユーザーの声にザッカーバーグ氏が回答
Facebook、人気の記事をプッシュするパブリッシャー向け新機能を追加
Google、ビューアブル動画インプレッション限定ターゲティングを年内開始、動画の可聴性もレポート
YouTube、2014年の動画広告トップ10を発表、合計10億分以上見られた人気動画が勢ぞろい
「企業Facebook年間ランキング2014」発表!ファン数ランキングトップは400万超の楽天市場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/08 13:00 https://markezine.jp/article/detail/21715

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング