SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Cerevo、ぶっ飛んだ新作ウェアラブルがひしめく中、「Top Tech of CES」を受賞

 ラスベガスで開催中の「2015 International CES」に、Cerevoが出展しているセンサー搭載スノーボード・バインディング「SNOW-1」が、「Top Tech of CES 2015 award」のSports & Fitness部門を受賞した。この賞は、米国のITニュース情報サイト「Digital Trends」が主催する、2015 International CESに出展中の製品を対象とした賞で、本年はウェアラブルやセンサーをテーマにした製品が多数登場する中、Cerevoの「SNOW-1」がSports & Fitness部門を受賞した。

 「SNOW-1」は、Bluetooth通信モジュールと各種センサーを搭載したスノーボード・バインディングで、装着するとスノーボードの上達に必要不可欠な荷重や重心、スノーボードのしなりといった情報をリアルタイムに取得したり、搭載した超高輝度LEDを動きに合わせて光らせることもできる。

 Best Trendsからは「スノーボードを解析するという発想自体は目新しいものではないが、Cerevoのアプローチは独特かつ今までとは違った手法であり、外付けのアタッチメントではなく、普通のスノーボード・バインディングとして利用できるというさりげなさが優れている」との評価を得た。

 Cerevo代表の岩佐琢磨氏は「CESにおけるウェアラブル分野は大変な数の商品がひしめき合う激戦区であり、世界各国から恐れを知らないスタートアップ達による『ぶっ飛んだ』商品がそこかしこに展示されている。そうした状況の中での受賞は大変嬉しい。発売はまだ先だが、事前評価に恥じぬクオリティの製品を送り出し、スノーボーダーのみなさんに楽しんでいただけるよう努めたい」とコメントしている。

【関連記事】
スマホと連携してスノボの滑りを分析する「SNOW-1」、新世代家電メーカーCerevoがCESで発表
ヤフー、IoT事業者向け開発支援プラットフォームサービス提供へ
Google、手のふるえを吸収するスプーンの開発会社を買収
Google、自走するクルマの完全なプロトタイプを公開、ハンドルやブレーキがなくても安全運転が可能
NTT・慶大ら、脳波分析で家電操作を実現する「ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/09 19:00 https://markezine.jp/article/detail/21727

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング