SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ゼロスタートが提示する、EC検索データ活用の可能性(PR)

ユーザーと商品の出会いをサイトの枠を超えて最大化する/ゼロスタート、GMOメイクショップと連携へ

 “リテンションマーケティング”は、現在EC市場における注目のトピックだ。それに応えるべく、このほどゼロスタートが手がける検索エンジン及びレコメンドエンジンと、GMOメイクショップが提供する「カスタムMakeShop」「MakeRepeater」が連携することが発表された。両社に共通する「“おもてなし”によるリピーター獲得」の考えを、両社の社長にうかがった。

ゼロスタートとGMOメイクショップが「ユーザーへのおもてなし」実現に向けてタッグを組んだ

MarkeZine編集部(以下、MZ):ECサイトの運用支援を行うGMOメイクショップと、商品検索エンジンを手がけるゼロスタートは、それぞれの分野で近年大きくシェアを伸ばされています。まずは今回の連携について、簡単に教えていただけますか?

(左)株式会社ゼロスタート 代表取締役社長 山崎徳之氏
(右)GMOメイクショップ株式会社 代表取締役社長 向畑憲良氏

向畑:当社で提供しているECサイト構築ASP「カスタムMakeShop」と、昨年にリリースした顧客育成ツール「MakeRepeater(メイクリピーター)」に、ゼロスタートさんの商品検索やレコメンドのロジックを実装します。これにより、当社のサービス導入企業のお客様であるエンドユーザーに、より利便性の高い購買体験を提供していきます。

ゼロスタートが提供する「ZERO ZONE SEARCH」は、単なるキーワード検索ではなく、顧客の顕在&潜在ニーズを引き出すドリルダウン型の商品検索システム。検索機能をリニューアルすることでユーザー行動が劇的に変化した「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」の事例はこちらをご参考に。

MZ:ゼロスタートの山崎さんには以前にもMarkeZineに登場いただき、商品検索「ZERO ZONE SEARCH」をはじめとする同社のシステムによって、いかにユーザーへの“おもてなし”を実現するか、というお話をうかがってきました。これらのテクノロジーをGMOメイクショップさんのサービスにあらかじめ組み込むことで、リピーター獲得の効果が大幅に見込めるようになると。(関連記事はこちら)

山崎:端的にいうと、そうですね。もうひとつ、今回の連携で実現することとして大きいのは、「カスタムMakeShop」や「MakeRepeater」を通して得られたエンドユーザーのリアクションを当社のシステムにフィードバックして、ロジックのチューニングに活かしていく点です。単にシステムを提供するのではなく、双方向の展開になります。

ECで成功する決め手は「リピーター獲得」

MZ:どういった背景から、今回の連携に至ったのでしょうか?

向畑:今、EC事業では「リピーター獲得」が大きな命題になっています。当社はショッピングカート提供から事業を始めて10年になりますが、現在の導入先は約22,000店舗、流通量は1,300億円にまで上っています。これくらいの規模になると、ビッグデータとしての価値もありますので、小売市場のひとつのプラットフォームとしてさまざまな分析をしてきました。

 そこから見えてきた成功店舗の決め手は、やはりリピーター獲得なんです。昨年あたりからリテンションマーケティングに注目が集まっていますが、1回買って終わりではなく、いかに長くお客様でいてもらうかという発想がますます大事になっている。昨年、リピーター獲得のノウハウを凝縮した「MakeRepeater」をリリースしたのも、そんな理由がありました。

MZ:なるほど。そこへ、商品検索やレコメンドの仕組みを外部から取り込むということは、それらがリピーター獲得を左右するということでしょうか。

向畑:ええ。リピーター獲得のポイントは、パーソナライズドです。ユーザーを理解するためには、属性や購買履歴に加えて、ユーザーがサイト内でどんな条件に基づき何を検索したかという情報がとても大事です。なので、元々商品検索の重要性は強く認識していました。

ECサイトでユーザーへのおもてなしを実現!ゼロスタートのソリューション情報はこちら

 

●売上アップを実現!顧客の顕在&潜在ニーズを引き出す商品検索エンジン「ZERO ZONE SEARCH」

●潜在ニーズを発掘し、収益とユーザ満足度を向上させるレコメンドエンジン「ZERO ZONE RECOMMEND」

●ゼロスタートの製品に関するお問い合わせはこちらから

次のページ
ユーザーは商品検索を通じて、ECサイトに話しかけている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ゼロスタートが提示する、EC検索データ活用の可能性連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/24 16:12 https://markezine.jp/article/detail/21926

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング