SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Time社、プログラマティックバイイングを印刷媒体に拡大、MediaMathのプラットフォームを活用

 広告取引の自動化を推進している米国のTime社は、MediaMathのプラットフォームを用い、印刷媒体においても自動化を拡大する。

 TimeとMediaMathは印刷媒体におけるオーディエンスセグメントを作成し、デジタルなマーケットプレイスで利用可能にする。作成されるのは、女性、男性、ライフスタイル、ラグジュアリー、ビジネス/ファイナンス、そして「Rapid Scale」と呼ばれるセグメント。対象は同社の米国における主要な18の雑誌で、読者数は500万から8900万。すでに米小売チェーンTargetはメディアエージェンシーのHaworthを通じて、複数の雑誌で広告キャンペーンを実施している。

 また、広告主はこのプラットフォームを通じて、雑誌のオーディエンスにデジタル広告をターゲティングすることもできる。このサービスでは、AdMeasureによるキャンペーン後の効果測定も提供される。

【関連記事】
Time社がコンテンツ・レコメンドのOutbrainと複数年契約、1億ドル以上の利益を生み出すと期待
TIME誌が表紙に広告を掲載、雑誌ビジネスへの波紋
Platform ID、プログラマティック・ダイレクトを活用したターゲティング広告配信スタート
米広告業界団体が選んだ今年の“マーケティング流行語大賞”は「プログラマティック」
米DSP大手のMediaMath、日本カントリーマネージャーに元アイレップ 執行役員の横田氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/02/13 08:30 https://markezine.jp/article/detail/21931

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング