SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マクロミルと日経リサーチが業務提携、ネットリサーチのパネル利用などで連携

 11日の両社の発表によると、日経リサーチが国内でインターネットリサーチを実施する際のパネル利用に関して包括的に提携するほか、集計業務や定性調査領域においても連携。企業向け調査などの営業面での協力、消費者データ事業や官公庁案件での連携も強化し、海外での事業拡大に向けて協力する。

 マクロミルは、国内最大級のネットリサーチモニタを保有し、年間2万件を超えるマーケティングリサーチの実績とノウハウを持つ国内インターネットリサーチのリーディングカンパニー。消費者購買履歴データ「QPR」や、デジタルマーケティング領域の「AccessMill」、セルフアンケートASP「Questant」、ユーザトークサービス「ミルトーク」など、マーケティングリサーチサービスの多様化を進めるとともに、2014年11月にはオランダの同業メトリックスラボ社を買収。日本だけではなく米国、欧州の主要な国や地域に大規模なアンケートパネルを保有している。

 一方、日経リサーチは、日本経済新聞社グループの総合調査会社として、世論・選挙情勢調査や企業ランキング調査、官公庁調査のほか、法人向けに顧客満足度(CS)調査や従業員満足度(ES)調査、ブランド調査など、経営やマーケティングに関わる調査を国内外で幅広く展開。直近では顧客データの活用支援サービス「ミルフィーユ」や、職場のストレスチェックツール「日経リサーチPRAS」の提供に踏み切るなど、企業の課題解決のためのラインナップ拡充に努めている。

【関連記事】
マクロミル、生活者に直接聞く、スタンプで気持ちを伝えるユーザトークサービス「ミルトーク」
日経リサーチ、顧客情報戦略の新サービス「ミルフィーユ」リリース
フリークアウトとマクロミルが協業~保有するデータを活用し、新たな広告効果測定指標の研究開発へ
「Survey Monkey」「Questant」等でGMOリサーチの消費者パネルが利用可能に
マクロミル、欧米マーケティングリサーチ市場への進出加速~オランダ「MetrixLab社」を子会社化
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング