SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、ライドシェアの「Lyft」に3億ドル出資

 楽天は、シェアリング・エコノミーのパイオニアであるLyftのシリーズEラウンド5.3億ドルに、3億ドルを出資する。増資後の楽天の出資比率は11.9%。今回の資金調達により、Lyftはサービス拡大の継続や米国内外における事業拡大に資金を充当する。

 Lyftはクルマでの移動をシェアするための3つのサービスを提供。「Lyft」は1~3人、「Lyft Plus」は6人まで友達と一緒に利用できるドライブサービス。「Lyft Line」は同じ目的地に行く人たちが同乗することで、最大60%料金が安くなるサービスで、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコのみで利用できる。ピックアップしてほしい人がアプリを通じてドライバーを呼び、登録したクレジットカードから支払いをする。

 Lyftのドライバーは消防士や花屋など、そのコミュニティのさまざまな職業についている人たちだが、犯罪歴や過去の運転記録など自身のバックグラウンドをチェックされ、ユーザーは評価もできる。

【関連記事】
ドライブ共有サービス「Lyft」、通勤をマネタイズする「Driver Destination」開始
Uber Japan、都内でタクシー即時手配サービスをスタート
利用者が最も多いタクシー配車アプリは?トップは「全国タクシー配車」/「LINEタクシー」は3位に
ソフトバンク、東南アジア最大のタクシー配車アプリ提供企業へ約298億円出資
Google、自走するクルマの完全なプロトタイプを公開、ハンドルやブレーキがなくても安全運転が可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/12 16:01 https://markezine.jp/article/detail/22119

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング