SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホ版ヤフーのトップページ&アプリが刷新!新たな広告メニューをリリースし、収益拡大を目指す

 ヤフーは、5月下旬にスマートフォン版Yahoo! JAPANのトップページとアプリをリニューアルする。リニューアルに先駆け、4月1日より、トップページ上部の切替用バナーから手動で変更することで、スマートフォン版トップページ(ブラウザ)を先行して体験できる。

 新しいスマートフォン版トップページはタイムライン型のデザイン。物理的に限られた画面を最大活用することに加え、スクロールを促進し、表示領域を縦に有効活用することでユーザーが取得できる情報量を増やした。また、表示する情報も変更する。これまでは「Yahoo!ニュース トピックス」の記事がメインのコンテンツでだったが、リニューアル後は「動画」「お買いもの」「おもしろ」「スポーツ」「芸能」など、さまざまなカテゴリの情報を表示する。これらの情報はタブとして整理されており、横スライドで切り替えることができる。

 そして広告における新たな取り組みとして、2種類(プレミアムビジョン、インフィード型広告)の広告提供を開始する。プレミアムビジョンはテレビCMと同じ素材が使用でき、ビデオ形式の広告をファーストビューに掲載することで、高い認知獲得が見込める。また、インフィード型広告はタイムライン型のコンテンツ上に掲載され、「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」のターゲティングおよびマッチング機能を活用することで、最適なターゲット層へのアプローチが可能に。プレミアムビジョンではブランディングに最適な「記憶に残る広告」、インフィード型広告では「ユーザーの行動を起こす広告」をスマートフォンユーザーに提供し、広告価値を高めることで、スマートフォンにおけるマネタイズ柱の一つとして成長させていくことを目指す。

【関連記事】
ヤフーとソフトバンクモバイル、Tポイント・ジャパンへの資本参加・追加出資を実施
ヤフー、女子向けコミュニケーションアプリ「Chatomo」リリース
CCC、ヤフーとの情報連携をスタート
ヤフー、デバイスの利用実態まとめた「マルチスクリーン時代 デバイスのいま」公開
ヤフー、生活シーンにおけるメディア利用実態を調査~結果をインフォグラフィックで公開中

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/04/06 13:58 https://markezine.jp/article/detail/22266

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング