SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オラクルが「Marketing Cloud」の機能追加や連携を発表、マーケティング領域を一層強化へ

 オラクルは「Oracle CloudWorld Tokyo2015」にて、「Oracle Marketing Cloud」に関する機能強化を次の通り発表した。これにより、マーケティング担当者は、顧客ごとに一貫性とリアルタイム性の高いマーケティング施策の実行が可能となる。

「Oracle Marketing Cloud」に2つの新機能を追加

 追加された機能は、取得した複数のオーディエンスデータを、ユーザーごとに一つにまとめて一元管理する「Oracle ID Graph」と、マーケティングチャネルを一元的に管理する「Rapid Retargeter」の2つ。

 これによって、マーケターは顧客を包括的な視点で捉え、多様なチャネルを通してリアルタイムで各顧客に向けて最適なマーケティング施策を実施することができる。

「Oracle Marketing Cloud」と「Oracle Commerce」「Oracle WebCenter Sites」が連携

 「Oracle Marketing Cloud」のクロスチャネル・マーケティング・ソリューションと、eコマースにおいて高度な検索と個別最適化を行う「Oracle Commerce」、Webエクスペリエンス管理をおこなう「Oracle WebCenter Sites」が連携する。

 これによってマーケティング担当者は、キャンペーン・マーケティングやWeb管理、ECサイトにおいて共通したコンテンツとプロファイル情報を一貫性をもって利用することが可能となる。

「Oracle DMP」新機能の提供を開始

 「Oracle Marketing Cloud」のOracle Data Management Platform(以下、Oracle DMP)に2つの機能が追加された。

  1. Lookalike Modelling
  2. OnDemand On-Board

 前者は「Oracle Closs-Channel Marketing」のユーザーがオーディエンスデータをOracle DMPに簡単に転送する機能。マーケティング担当者は約10億件のプロファイルを備えたオーディエンスデータから、理想的な顧客に類似した候補を特定することができる。

 後者はWeb解析ツールからデータを取り込み、Oracle DMP内でオーディエンスデータを加工するための機能。既存のWeb解析データをDMPに直接取り込むことで、データ統合作業を軽減し、コンバージョン率の向上を期待できる。

【関連記事】
オラクル、オムニバスのDMPと連携し「BlueKai」で200カテゴリのサードパーティデータを提供
オラクルとイベントレジストが連携、イベント来場者情報をマーケティング・オートメーションに活用
東京商工リサーチ、オラクルのマーケティング・オートメーション・プラットフォームを採用
日本オラクル、「Oracle Service Cloud」と「LINE ビジネスコネクト」の連携発表
オラクル、BlueKaiのDMPと「Oracle Marketing Cloud」を統合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング