SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ログリー、はてなと共同でネイティブ広告向けブランド保護機能を実装

 コンテンツの多様化が進む中、広告掲載には不適切とされるコンテンツがCGM系サイト、一般・商用サイトにおいても、含まれるケースが増えてきた。このような状況を受け、ログリーは、同社提供のネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」に、はてなが開発するアドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」を適用。企業のブランド毀損が発生する可能性のある違法性サイトだけでなく、広告配信の対象となるすべてのページを1URLごとに評価し、広告主のブランドイメージを安全に保つことが可能とした。

 「BrandSafe はてな」は、「はてなブックマーク」で使用している機械学習エンジンを基に独自開発したアドベリフィケーション機能。サイト判定アルゴリズムを用いて、不適切なサイト(ページ)への広告出稿をコントロールすることが可能。ユーザーの投稿データも考慮するため、日本特有のネットスラング(隠語)などにも対応。リアルタイムかつ高精度に、広告配信先ページを評価することができる。

 アドベリフィケーション機能:配信した広告が、どのようなサイトやページに掲載されたのか、広告主のイメージ低下を招くようなサイトに配信されていないか、を確認するための機能

【関連記事】
ビルコムとログリーが業務提携、ネイティブアドソリューション「Boom Booster」を販売開始
ログリー、ネイティブ広告の自動取引を実現する 「logly lift Exchange」提供へ
アドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな for FreakOut」、導入数50社突破
はてな、UGCメディア向け不適切コンテンツ判定フィルタ開発
はてな、フリークアウトとアドベリフィケーション機能を共同開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング